このページの本文へ

NECカシオ、冷却装置完備の「MEDIAS X」説明会開催

2013年06月03日 21時08分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヒートパイプや独自のUIが特徴の
「MEDIAS X N-06E」

 NECカシオは本日、ドコモから6月下旬に発売予定の夏モデルスマホ「MEDIAS X N-06E」の説明会を行なった。

 「スマホを日常生活の中で、気軽に使いこなしたいという人が多い」と、冒頭に挨拶した同社 商品企画部 チーフプロデューサーの冨依 豊氏は言う。そこで「SMARTPHONE IS MEDIAS」をコンセプトに掲げてきたNECカシオが、次は「もっと人へ」をテーマに、スマホ初心者をはじめとするカジュアル層をターゲットにMEDIAS Xを作り上げたという。

NECカシオ 商品企画部 チーフプロデューサー 冨依 豊氏NECカシオ 商品企画部 エキスパート 神尾宗久氏
NECカシオ クリエイティブスタジオ クリエイティブマネージャー 迎 義孝氏

 ドコモが夏モデルでツートップ戦略をとったことに対しては「MEDIASは残念ながらツートップではないが、魅力的な商品をリリースし、ツートップ以外も選択肢があることを感じて欲しい」とコメント。さらにMEDIASシリーズについて「海外メーカーに対して出遅れたのは事実。また、販売店での動きが鈍い、電池のもちが悪いといった意見もありました。それらを踏まえたうえで新しい商品をリリースしたい」とMEDIAS Xにかける意気込みを語った。

LIFE WAYという、LIFE UXの機能のひとつで、自分の予定や過去のできごと、発着信などをタイムライン形式で表示する

 次に同社の商品企画部 エキスパート 神尾宗久氏からMEDIAS Xについての特徴が語られた。「フィーチャーフォン時代に培ったノウハウで、ガラパゴスではない商品を目指した」と神尾氏。その一環がMEDIASシリーズの特徴でもあるスリムデザイン。全体的にラウンドしたフォルムで手になじみやすく、フラットなのは液晶画面だけである。これにより、片手で操作しやすく、持ったときの安定性を実現した。

このように、ユーザーからの数々のフィードバックを活かして開発されている

 また、スマホは電話やメールの着信がわかりずらいという声が多いという。そのため、フィーチャーフォンに時代にもあった着信イルミネーションを採用。ホームボタン付近だけではなく、イヤホンジャックも光るようになっており、クリアタイプのスマホピアスを刺せば、「昔の光るアンテナみたい」(神尾氏)に使うことができる。

通話を強化する、ハイパークリアボイスをはじめとする機能。これらを設定しておくと、相手からの声はハッキリと聞きやすく、自分の声もクリアに送ることができる

 そして、このMEDIAS Xの最大のポイントと言えるのがCPUの温度上昇を防ぐヒートパイプ機構を、世界のスマホの中でも唯一採用したことだ。MEDIAS Xに搭載されているCPUは1.7GHz動作のクアッドコアだ。長時間の動画視聴など、CPUに負荷がかかりすぎると処理能力が下がってくる。そんなとき、ヒートパイプは熱を分散させて、いわゆる“熱ダレ”を防ぐのだ。

パレットUIのようだが、ひとつひとつめくって使う虫眼鏡アイコンをスライドさせることで、ウェブサイトの一部を拡大でき、リンクの押し間違いなどを防ぐ
銅の棒状のものがヒートパイプ。中に入っている液体はごく少量で、水が漏れてもすぐに蒸発してしまうため、問題ないとのこと

 端末内部に装着されたヒートパイプには、中に液体(純水)が入っており、CPUが高温になってくるとパイプ内の水が水蒸気になり冷却を開始。その後、水蒸気は水に戻り、再び冷却のために水蒸気になるという行程を繰り返す。このおかげで、1.7GHzのクアッドコアCPUの実力を効率よく使うことができるという。

 MEDIAS XのUIはドコモパレットUIと、シンプルUIのほかに、「LifeUX」というUIが採用されている。この件に関しては、同社のクリエイティブスタジオ クリエイティブマネージャー 迎 義孝氏から語られた。コンセプトは“日本の美意識”であじさいをモチーフにした配色で、ロック画面とホーム画面に別々の壁紙を設定できる、ロックキーを長押しで任意のショートカットが呼び出せる、ダウンロードしたファイルが一目でわかるなど、ユーザーからの意見をフィードバックさせた、シンプルかつ利便性にすぐれたUIになっている。

ロック画面。この球体はフレークと呼ばれ、電話、メールの着信で色が変化する。さらに、端末の傾きなどにも反応する

 このように、常にユーザーの目線に立って開発された「MEDIAS X N-06E」は6月下旬に発売予定だ。

「MEDIAS X N-06E」の主なスペック
メーカー NECカシオモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4.7型有機EL
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約67×138×8.5mm
重量 約136g
CPU Snapdragon APQ8064T 1.7GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
Xi ○(下り100Mbps)
Xi対応周波数 2GHz/1.5GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS/イン:約130万画素CMOS
バッテリー容量 2300mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
NOTTV
赤外線
防水/防塵 ○/○
Qi ×
miniUIM
連続待受時間(3G/LTE) 約550時間/約450時間
連続通話時間(3G) 約580分
カラバリ Pink/White
発売時期 6月下旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン