このページの本文へ

16コアのサーバー向けCPU「Opteron 6378」がAMDから発売

2012年12月20日 23時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのサーバー向けCPU「Opteron 6300」シリーズに属する「Opteron 6378」がPC DIY SHOP FreeTに入荷している。価格は9万9800円ですでに売り切れている。

PC DIY SHOP FreeTに入荷したAMDのサーバー向け新CPU「Opteron 6300」シリーズに属する「Opteron 6378」。コア数16、クロック周波数2.4GHzの製品だ

 「Opteron 6300」シリーズは、11月に発表された「AMD FXシリーズ」などと同じ次世代コアアーキテクチャー“Piledriver”をベースにしたサーバー向けCPU。従来の「Opteron 6200」シリーズに比べ、最大24%の性能向上を達成。パフォーマンスやコスト効率、拡張性に優れ、仮想サーバーなどに最適とされる。プラットフォームはSocket G34で、コア数、動作クロック、TDPの異なる10モデルをラインナップしている。

価格は9万9800円。4個セットで購入したとのことでCPUだけで約40万円の計算だ。なお納期についてはおよそ1ヵ月としている

 入荷を確認した「Opteron 6378」は、コア数16、クロック周波数2.4GHz(Turbo CORE時3.3GHz)、L3キャッシュ16MB、TDP 115WのSocket G34対応CPU。PC DIY SHOP FreeTでは「BTOの注文を受けて入荷した。ちなみにそのBTOは4Wayの64コア仕様です」とのこと。納期についてはおよそ1ヵ月としている。なかなか在庫では見られない貴重な製品と言えそうだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中