このページの本文へ

AMD「Opteron 6300」シリーズ

約100万円のBTOも! 「Opteron 6300」シリーズの予約受付中

2012年11月10日 23時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDより先日発表されたばかりのサーバー向け新CPU「Opteron 6300」シリーズの予約受け付けがPC DIY SHOP FreeTでスタート。なんと約100万円のBTOマシンも登場している。

サーバー向け新CPU「Opteron 6300」シリーズの予約受け付けがPC DIY SHOP FreeTでスタート。9モデルが受注扱いで納期は約3~4週間となる

 「Opteron 6300」シリーズは、「AMD FXシリーズ」などと同じ次世代コアアーキテクチャー“Piledriver”をベースにしたサーバー向けCPU。従来の「Opteron 6200」シリーズに比べ、最大24%の性能向上を達成。パフォーマンスやコスト効率、拡張性に優れ、仮想サーバーなどに最適とされる。プラットフォームはSocket G34で、コア数、動作クロック、TDPの異なる10モデルをラインナップしている。

価格96万8000円のモンスターPC「Server-OPO4-6378-256GB」。16コアの「Opteron 6378」を4個搭載し、メモリーが256GB(16GB×16本/ECC Registered)を搭載。電源は1400W……

 コア数はソケットあたり最大16コアで「AMD Turbo CORE technology」により最大3.8GHz(Opteron 6328)を実現。消費電力管理機能「AMD-P power management」に対応し、データセンターにおけるワットパフォーマンスの最適化にも貢献する。
 そのほか、メモリーは最大4チャンネル、DDR3 1866MHzをサポート。さらに1.25Vの超低電圧メモリーに対応する唯一のx86プロセッサーとして、システムの省電力化も期待できるという。
 PC DIY SHOP FreeTによるといずれも受注扱いで納期は約3~4週間。さらに16コアの「Opteron 6378」を4個搭載し、メモリが256GB(16GB×16本/ECC Registered)のモンスターPCを96万8000円で、こちらも受注を受け付け中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中