このページの本文へ

AMD、ARMベースのSoC「Opteron A1100」を発表

2016年01月15日 16時30分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは米国時間の14日、データセンター向けSoC「Opteron A1100」を発表した。 ARMの64ビットCPU「Cortex-A57」をベースにしたAMD初のプラットフォーム製品となる。

開発コード“Seattle”こと「Opteron A1100」シリーズ

 「Opteron A1100」は、Cortex A57を最大8コア内蔵し、4MBの共有2次キャッシュと8MBの共有3次キャッシュを搭載する。対応メモリーは、1866MHzのECC対応DDR4/DDR3×2。ほかにも10ギガビットイーサネット×2、PCI Express 3.0を8レーン、SATA3を14ポートサポートする。ラインナップは以下のとおり。

「Opteron A1100」のスペック概要ブロックダイヤグラム
「Opteron A1100」シリーズのラインナップ
モデルナンバー Opteron A1170 Opteron A1150 Opteron A1120
コア数 8 8 4
CPUコアクロック 2.0GHz 1.7GHz 1.7GHz
2次キャッシュ 4MB 4MB 2MB
3次キャッシュ 8MB 8MB 8MB
対応DDR4(最大) 1866MHz 1866MHz 1866MHz
対応DDR3(最大) 1600MHz 1600MHz 1600MHz
TDP 32W 32W 25W

【関連サイト】

カテゴリートップへ