このページの本文へ

ASUSTeK「XONAR PHOEBUS」

ASUSからノイズキャンセル機能付きサウンドカードが発売

2012年06月08日 23時30分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeK製のゲーマー向けブランド「R.O.G」シリーズから、PCI Express x1スロット対応のサウンドカード「XONAR PHOEBUS」が登場した。

PCI Express x1スロット対応のサウンドカード「XONAR PHOEBUS」がASUSTeKから登場

 サウンドチップとして、最大24bit/96kHzに対応したC-Media製の「CMI8888DHT」を塔載。最大出力(S/N比)は118dBで、「Dolby Home Theater v4」による迫力のサウンドを楽しめる。
 出力端子はS/PDIF×1と3.5mm RCAジャック×5、入力が3.5mm RCAジャック×2を用意。ヘッドセットを多用するゲーマーのために、スピーカーの出力とは別にヘッドフォン専用の出力端子を設けているあたりが「R.O.G」シリーズらしい。
 ヘッドフォンアンプのチップには「TPA6120A2」を搭載。ヘッドフォンのインピーダンスに合わせて出力を調整できる。

サウンドチップとして、最大24bit/96kHzに対応したC-Media製の「CMI8888DHT」(Oxygen Express)を塔載
出力端子はS/PDIF×1と3.5mm RCAジャック×5、入力が3.5mm RCAジャック×2を用意。ヘッドフォン専用の出力端子を設ける(左から2番目のHP Out)6ピンの補助電源コネクターを装備しているあたりが、まるでビデオカードのようだ
D/Aコンバーターは「PCM1796」、ヘッドフォンアンプは「TPA6120A2」を搭載する

 パッケケージにはサウンドカードとは別に、R.O.Gロゴ入りのコントロールボックスが付属している。手元に置いて音量を調節したり、内蔵マイクに向かって話すことでボイスチャットが可能だ。また、このマイクをヘッドセットのノイズキャンセラーとして使用すると、ゲーム中の音声チャットを最大50%クリアにできるという。

R.O.Gロゴ入りのコントロールボックスが付属。手元に置いておけばダイヤルで音量を調節できる。内蔵のマイクでチャットしたり、環境音を拾ってノイズキャンセラーとしても活用できる

 価格は1万8980円。ドスパラ パーツ館、ソフマップ秋葉原リユース総合館、パソコンショップ アーク、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中