このページの本文へ

Palit「GeForce GTX 680 JETSTREAM」

5万6980円の独自ファン採用「GTX 680」がPalitから登場

2012年04月21日 23時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3連ファンのオリジナルクーラーを搭載した「GeForce GTX 680」搭載ビデオカード「GeForce GTX 680 JETSTREAM」(型番:NE5X680H1042-1040J)がPalitから発売された。

3連ファンのオリジナルクーラーを搭載した「GeForce GTX 680」搭載ビデオカード「GeForce GTX 680 JETSTREAM」。メモリー4GBの発売は現時点で未定だ

 VGAクーラーは、中央の90mmファンを挟み込むように2基の80mmファンを備える計3発仕様。カードの厚みは3スロット占有となるが、リファレンスクーラーから9dBの騒音低減とマイナス8度の冷却性能を実現するという。
 さらにフェーズPWMや高効率MOSFET「DrMOS」を搭載することで、高いオーバークロック耐性をもつオリジナル基板を採用。それによりコア/メモリークロックは定格の1006MHz(ブーストクロック1058MHz)/6008MHzから、1084MHz(ブーストクロック1150MHz)/6300MHzに引き上げられている。

中央の90mmファンを挟み込むように2基の80mmファンを備える計3発仕様。カードの厚みは3スロット占有となるが、リファレンスクーラーから9dBの騒音低減とマイナス8度の冷却性能を実現する

 そのほか、搭載ビデオメモリーはGDDR5 2GB、出力インターフェースはDVI-I/DVI-D/HDMI/DisplayPort。PCI Express補助電源コネクターは従来の6ピン×2から6ピン+8ピンへ変更され、TDPもリファレンスの195Wから215Wに上がっている。
 価格は5万6980円でドスパラ パーツ館で販売中。なお、発売は未定ながら搭載メモリがGDDR5 4GB版の上位モデルも入荷済みとなっている。

補助電源コネクターは従来の6ピン×2から6ピン+8ピンへ変更されTDPもリファレンスの195Wから215Wに上がっている。価格は相変わらず安い

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中