このページの本文へ

Intel「RTS2011LC」

LGA 2011正式対応のインテル製水冷クーラーが店頭に

2011年11月17日 22時11分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 14日デビューの“Sandy Bridge-E”こと「Core i7-3960X Extreme Edition」と「Core i7-3930K」 に正式対応するインテル製の水冷クーラー「RTS2011LC」が発売となった。

“Sandy Bridge-E”対応のインテル製の水冷クーラー「RTS2011LC」が発売

 発売されたのは、水冷ヘッドやポンプ、ラジエーターが一体となったオールインワンタイプの製品。OEM元はこの手の製品ではお馴染みのAsetekとなる。パッケージは、ご覧の通りCPUのそれを彷彿とさせるもので、水冷ユニット本体にもインテルのロゴが入れられている。
 主なスペックは、サイズ150(W)×118(D)×37(H)mmのラジエーターに120mmファン(800rpm~2200rpm/74CFM/21dBA~35dBA)を1基搭載。重量は820gでケース背面に搭載するスタイルは従来通り。ソケットはLGA 2011のほか、LGA 1366/1155/1156にも対応する。
 価格は以下の通りだ。

OEM元はこの手の製品ではお馴染みのAsetek。サイズ150(W)×118(D)×37(H)mmのラジエーターに120mmファン(800rpm~2200rpm/74CFM/21dBA~35dBA)を1基搭載するお決まりのスタイル
価格ショップ
「RTS2011LC」
¥6,980TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
¥8,780パソコンショップアーク
明日入荷予定オリオスペック
パソコンハウス東映
PC DIY SHOP FreeT

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中