このページの本文へ

IPv6やUPnPにも対応へ

リモートコントロール「LAPLINK 13」は速度50%アップ!

2011年10月18日 11時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月18日、インターコムは企業向けリモートコントロールソフトの最新版「LAPLINK 13」を11月11日に発売すると発表した。

 LAPLINKは、顧客に納入したシステムの保守やカスタマーサポート、遠隔地のサーバー保守などに利用されるリモートコントロールソフトウェア。最新版では、フルカラー表示時の速度が50%アップし、遠隔操作中のもたつきや画面表示の欠落を防ぎ、操作性を大幅に向上させたという。

 また、トラブル解決などではPCを再起動するケースも多いが、再起動後に自動接続する機能が追加されている。セーフモードになった際も再接続が可能だ。加えて、UPnPへの対応も行なわれている。これにより、これまで手動操作が必要だったUPnP対応ルータの設定が自動化されるという。

 他に、Windows 7とWindows Server 2008/2008 R2では、LAN環境でのIPv6サポートが追加されている。

 LAPLINK 13の価格(税込)は、1ライセンスパックが1万290円、2ライセンスパックが1万6590円、5ライセンスパックが4万1475円。PC1台につき1ライセンスが必要なため、利用にはコントロールする側/される側で最低2ライセンスが必要となる

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ