このページの本文へ

au、iPhone 4S発売イベント ネットワークをとにかくアピール

2011年10月14日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 14日8時、iPhone 4Sが発売された。auは都内に直営ショップなどを持たないため、普段は端末の体験コーナーやイベントスペースとして活用している原宿の「KDDIデザイニングスタジオ」において、発売イベントを開催。前日に整理券を配布した50名に特別に販売を行なった。

これまでiPhoneについて聞かれるたびに「ノーコメント」を続けてきたKDDI 田中社長も今日は笑顔でiPhoneとauのネットワークをアピール。背後のメッセージからその自信が見える

 整理券が1番で、KDDIにとってiPhoneで最初のお客さんとなったのは、専門学校生の若い女性。「まだみんな持ってないと思うんで、ちょーうれしいです」と満面の笑顔のあと、「これまでスマートフォンは使っていましたか?」という質問に、「はい。iPhoneを使っていて……」と若干気まずそうに告白。

KDDIの最初のお客さん。auのエリアに期待している模様

 当然ソフトバンクからauへの乗り換えになるわけだが、その理由について聞かれると、「電波がいいって聞いたんで」「今使っているのが家の中だと圏外になるし……ベランダに行かないと電波が入らないときもあったんで」と、auにとってはちょうどよい感じに話が展開。プレゼンター役のKDDIの田中孝司社長は「本当にやらせとかじゃないですよ」と苦笑気味だった。

本来はショップではない「KDDIデザイニングスタジオ」で発売イベントを開催。前日のうちに整理券も配布を終えているので、会場はメディア関係者が中心だった

auなら「もっとつながるiPhone」になる

 また、これまでiPhoneに関して「ノーコメント」を貫いてきた田中社長にとっては、iPhoneについて初めて正式にコメントする場となった。

 今回のイベントで何度も強調していたのは「通信事業者にとって最も重要なのがネットワーク」ということ。ネットワークについては自信があるようで、それは今回のauからのメッセージである「iPhoneに、もっと「つながり」を。」という表現からもよくわかる。そして、「我々の自慢できるエリアをiPhoneのユーザーにも使っていただけるのは本当に心からうれしく思っている」と今回の発売日を迎えた感想を語った。

囲み取材でも笑顔を見せる。パソコンやIT機器の“オタク”的ユーザーとして知られる田中社長。アップル製品も1984年に留学で渡米したときから使っているという

 今後注目されであろう通信速度の比較については逆に特段アピールするのではなく、「スペック上の話はあるが、今日以降皆様が使っていただいて試していただきたい」とユーザーやメディアの評価に任せるとする。

 囲み取材では現在の販売状況についての質問が相次いだが、具体的な数値などについてはハッキリとした回答がなかった。ただauショップの約1/4でしかiPhone 4Sを扱っていない現状のオペレーションは不十分と考えており、今月中にはauショップ全店で販売できるよう対応を進めていく予定だ。

 またソフトバンク版に対して、月額で数百円高い料金については「最初から値下げ競争にはしたくない」と発言。改めてネットワークの品質についで触れた上で「auのネットワークにつながったらこんなに変わるというのを実感いただきたい」とした。

au版のiPhone 4S。ネットワークの表示は「KDDI」だった

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中