このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

速くて便利! 実測でわかるモバイルデータ通信 ― 第7回

iPhone 4Sよりも便利!? 「HTC EVO 3D ISW12HT」でテザリング

2011年10月27日 12時00分更新

文● 宇野貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 「iPhone 4S」をリリースし、今秋の注目の的になっているKDDIだが、iPhone 4Sのほかにも下り最大40MbpsのWiMAXに対応するスマートフォン4機種を発表している。

 iPhone 4Sはテザリング非対応であるが、auのWiMAX対応端末はすべてテザリングに対応するため、PCとの連携を重視するユーザーにとっては、こちらのほうが魅 力的に感じる人も多いのではないだろうか。

 今回は新端末の中から「HTC EVO 3D ISW12HT」をピックアップして、端末の特徴とテザリングの使用感についてレポートする。

裸眼3Dに対応するハイスペックスマートフォン

最大の特徴は背面の2眼カメラ。3D撮影が可能だ

 HTC EVO 3D ISW12HTは、今年4月に販売された「HTC EVO WiMAX ISW11HT」の後継モデルとなる製品だ。スペック面では裸眼3D対応がユニークな部分で、プリインストールされているゲームやYouTubeにアップロードされている3D動画などで立体表示が楽しめる。

 また、搭載するカメラはレンズが2つ搭載されており、通常画像の撮影のほかに立体視用の静止画や動画を撮影することが可能だ。

側面に2Dと3Dの切り替えスイッチがある。3Dにすると対応アプリで裸眼3D表示になる カメラアプリで風景を3D表示しているところ(写真では分かりにくいが)
側面に2Dと3Dの切り替えスイッチがある。3Dにすると対応アプリで裸眼3D表示になるカメラアプリで風景を3D表示しているところ(写真では分かりにくいが)

 2Dと3Dの撮影切り替えは本体側面のスイッチで行なうため、撮影シーンに応じたモードチェンジもすばやく行なえる。ユニークなデジタルガジェットが好きなユーザーには魅力的な要素と言えるだろう。

 ディスプレーは4.3型(540×960ドット)とスマートフォンとしては大型の部類。そのぶん本体サイズも大きめだが、動画鑑賞には適していると言える。

 デュアルコアCPUの恩恵もあり動作はかなり軽快。Webブラウザーの操作やアプリの起動時などの体感速度は速く、「サクサク動く」という表現がぴったりだ。快適さでは、現在のスマートフォンの中でも最上位ランクに位置するのは間違いないだろう。

本体サイズは幅65×奥行き12.3×高さ126mmとやや大きめ。重量は約171gだ バッテリー容量は1730mAhで連続待受時間は約320時間、連続通話時間は約450分となる
本体サイズは幅65×奥行き12.3×高さ126mmとやや大きめ。重量は約171gだバッテリー容量は1730mAhで連続待受時間は約320時間、連続通話時間は約450分となる

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART