このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第78回

Bluetoothキーボードでスマホを快適に文字入力する技

2011年08月23日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPad、Android端末のソフトウェアキーボードでも慣れれば快適に文字入力ができる。とはいえ、やはりハードウェアキーボードの方が高速タイピングできる。そこで、今回はBluetoothキーボードを取り上げてみる。荷物が増えることになるのだから、プラスアルファの機能を備えた一石二鳥のBluetoothキーボード4製品を紹介しよう。

スマートフォンやタブレット端末でも、Bluetoothキーボードがあれば長文の高速入力が可能だ

iPhoneケース兼Bluetoothキーボード

 筆者は横スライド式のキーボードを備えた携帯端末がお気に入りだった。例えば、イー・モバイルの「EMONSTER」(S11HT)などは使い倒した。とはいえ、iPhoneが登場してからはソフトウェアキーボード一辺倒。フリック入力も上達し、今では相当なスピードで入力できる。それでも、積極的に長文を入力したくなるほどではない。

 そこで注目したのがサンコーレアモノショップの「スライド式iPhone 4キーボードケース」だ。iPhone 4をセットすると、スライド式キーボードを備えた端末のようになるのが特徴だ。背面の保護ケースも兼ねているので、傷が付く心配もない。

サンコーレアモノショップの「スライド式iPhone 4キーボードケース」。実売価格は6480円

 iPhoneの装着は簡単だ。普通にはめ込むだけで、カチッと装着でき、外すのが大変だったほどだ。ケースは樹脂製で表面にマットな処理が施されている。重量は81gと軽量ながら、スライドさせるとシャキンといういい感じの手応え。作りもしっかりしており、頼もしい。

 セットアップは簡単だ。底面の電源スイッチを入れ、ペアリングボタンを押したら、iPhone 4で認識できるので、画面に表示された4桁のPINコードをキーボードで入力すればいい。なお、充電は付属のmicroUSBケーブルで行なう。2~3時間の充電で、待機時間は約400時間、駆動時間は約50時間。iPhone 4のバッテリー駆動時間と比べれば、圧倒的に長持ちする。

iPhone 4を装着したところ
スイッチやインターフェースは底面にある接続するとLEDが青く光る
iPhone 4の「設定」→「一般」→「Bluetooth」をタップし、デバイスの「Bluetooth Keyboard」(表示は「Bluetooth...」)をタップするPINコードが表示されるので、キーボード側で入力する。Enterキーを忘れずに接続完了

 キーボードは両手で持ち、親指でぽちぽち押して入力する。この手の製品は慣れが必要。しばらく使っていたら、みるみる誤入力が減り、普通に使えるようになった。何より便利だったのが、カーソルキーだ。タッチ操作だと面倒なカーソルの移動や文字列の選択が簡単にできる。言語切り替えはFnキーと検索キーを押すだけなので、手間がかからない。画面にはソフトウェアキーボードが表示されないので、横画面でも快適に入力できる。これも大きなメリットだ。

入力性はそこそこ高い。カーソルキーが非常に便利だ。ちなみに、キーボード上の青い文字はFnキーを押しながら入力する

 本製品はケースと一体化しているので、荷物があまり増えないというのが大きなメリット。持って出るのを忘れてしまうと言うことがない。もちろん、キーボードの分だけ1cmほど厚くなってしまうが、ポケットに入らないわけでもない。普段バッグを持ち歩かない人におすすめのキーボードだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART