このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

すべてが分かる! 「OS X Lion」 ― 第1回

「OS X Lion」のデスクトップ環境を知る

2011年07月20日 21時31分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ついに公開されたMac OS Xの8番目の新バージョン「Lion」。その機能を紹介する特集の第1回は、Lionの操作性を決定づける入力デバイスのあり方を軸に、新機能の「Mission Control」と「Launch Pad」を紹介する。

操作性が大きく変わった「OS X Lion」

 新OS「OS X Lion」では、操作性が大きく変わった。それは主要な入力装置として想定されているデバイスが、従来のマウスから、トラックパッドなど「マルチタッチ」へと明確にシフトしたことによるものだ。「1点指示」から「多点指示」への流れは、「Apple Magic Mouse」や「Magic Trackpad」という別売のデバイスが投入されるなど、「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」の時点でも見られたが、それはどちらかといえばプラスアルファの要素だった。しかしLionでは、デスクトップの操作に欠かせない必須要素へと昇格されている。

「Apple Magic Mouse」「Magic Trackpad」

 その一例が「Mission Control」。従来の「Spaces」と「Expose」を融合させたこの新機能は、トラックパッド上を指3本で上方向へスワイプすることにより起動(Magic Mouseは指2本でダブルタップ)、デスクトップおよび実行中のタスクを俯瞰できる。キーボード(「Control」+上カーソルキー)も利用できるが、より直感的に操作できるのはマルチタッチ型デバイスだ。

「OS X Lion」の新機能「Mission Control」。単なるExposeとSpacesの融合に終わらず、新OSらしい機能に昇華されている

 では、トラックパッドとマウスは同じ扱いなのかといえば、そうではない。iOSライクなアプリケーションランチャー「LaunchPad」は、親指と指3本でトラックパッド上をピンチするジェスチャーにより起動するが、Magic Mouseにはジェスチャーは割り当てられていない。システム環境設定の「マウス」と「トラックパッド」の各ペインを見比べれば分かるが、Magic Mouseのほうが用意されたジェスチャーの数は少ない。

マルチタッチトラックパッド(左)とMagic Mouse(右)の「その他のジェスチャ」タブ。よりLionらしい操作ができるのは明らかに前者だ

 以降のページでは、「Mission Control」と「LaunchPad」の各機能を見ていこう。

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中