このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

すべてが分かる! 「OS X Lion」 ― 第2回

“普段使いのMac”を方向付けるOS X Lionの新機能

2011年07月25日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「OS X Lion」では250にものぼる新機能が追加された。特集第2回では、それら新機能の中でも、普段使いのパソコンとしてMacを利用している方に影響が大きなものを取り上げたい。

「マイファイル」ってなんだ?

 Finderのウインドウを開くと最初に目に入るのが、サイドバーのトップに表示された「マイファイル」だ。名前からすると、Windowsでおなじみの「マイ ドキュメント」を連想してしまうが、実際には使い方も設計もまるで違う。少々抽象的だが、ユーザーのファイル利用履歴表示スペース、とでも表現すれば分かりやすいだろうか。

「OS X Lion」で登場した新機能、「マイファイル」。Finderのウインドウサイドバーのトップに表示されている

 「マイファイル」は、ファイルシステム上に存在しない、一種のメタファーだ。Finderの表示順は、デフォルトでは「種類」が選択されており、上側からイメージやPDF書類、ミュージックなど利用頻度の高いファイルごとに区分されている。イメージ、PDF書類といった各項目内では、もっとも新しく作成/変更されたファイルが左端にくるよう、ヒストリカルに並べられているのだ。

Finderの並び替え基準はデフォルトでは「種類」になっている。これを「アプリケーション」にしても便利に使える

 情報収集範囲は、ホームフォルダー以下全体に及ぶ。作成したファイルが書類フォルダーやデスクトップのどこに保存されていても、「マイファイル」では区別なく扱われる。新しいファイルほど左に表示されるだけのことで、保存場所は関係ないのだ。

 この区分されたファイルは、表示モードが「アイコン」の場合、指2本(Magic Mouseは指1本)で左フリックすると、“履歴”をさかのぼるように、より古い時間に作成/変更されたファイルを次々と表示できる。右フリックはその逆で最新のファイルに近づく。操作性はCover Flowと似ているが、保存場所(フォルダー)という概念にとらわれずファイルをブラウジングできるという点が、「マイファイル」最大の特徴といえる。

フォルダーとして実在するわけではないため、フォルダー構造(ディレクトリツリー)は表示されない

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中