このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

開発者の情熱! スマホ&アプリ、サービスの生みの親に直撃! ― 第2回

薄さの中にすべてを盛り込んだ「MEDIAS WP N-06C」

全部入りスマホのMEDIASはユーザーの裾野を広げられるか?

2011年07月14日 13時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「MEDIAS WP N-06C」インタビューの後編では、ソフトウェアに注目した(前編はこちら)。Palette UIからコラボアプリまで、フィーチャーフォンユーザーが違和感なく移行できるようにさまざまな配慮がされているのである。

 後編となる今回は、NECカシオモバイルコミュニケーションズ清水秀人氏に、MEDIAS WPのソフトウェアに関するこだわりを聞いた。

スマートフォンというハードルを下げる
インターフェイスと存在感ある独自アプリ

──ホーム画面にドコモの「Palette UI」を採用した理由はなぜですか?

清水 完成度が高く、使いやすくカスタマイズされている印象だったことで採用しました。また、ワイヤレスジャパンなどでもPalette UIを搭載した実機を展示したのですが、来場者から「このUIならフィーチャーフォンからスマートフォンに変えてもいい」という意見が多かったようです。特に、その声は女性に多いようでした。

ジャンルごとにアイコンが並び、インストールしたアプリも見つけやすい「Palette UI」

──Android端末の場合、ホームアプリもユーザーが自由に選択できますよね? 自分で使いやすいモノを選べばいいんじゃ……。

清水 いえ、そもそも「ホームアプリを選択できる」ということを理解しているユーザーのほうが少ないのです。ですので、デフォルトの使い勝手が重要であると考えてのPalette UIです。

──ほかにも、オリジナルアプリがいくつか搭載されていますよね。

清水 「Topics」「Days」「MEDIAS WELLNESS」など、MEDIAS WPを手にして基本設定を完了すればすぐに使えるオリジナルアプリを搭載しています。

「Topics」は、TwitterやFacebookなどで話題になっているキーワードを抽出して、一目で見られる表紙を作成するアプリ。SNSのユーザー全体の中で話題になっているキーワードのほか、自分がフォローしている友達の中で話題になっているキーワードのいずれにも注目でき、旬の話題を逃さない「Days」は、MEDIAS WPで発信履歴やSNSのコミュニケーション履歴などを自動的にスクラッピングするアプリ。1日/週/月/季節で行動記録をまとめられる
「MEDIAS WELLNESS」は食事や運動、睡眠などの状況を記録して健康づくりをサポートするアプリ。歩数計機能も搭載する

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART