このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

イヤフォンからスピーカーまで、気になる4製品をチェック

デザインに惚れた! スマホで使いたいBluetooth周辺機器

2011年07月07日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 スマートフォンの人気を背景に、続々と製品が登場しているBluetoothイヤフォン&ヘッドセット。ワイヤレスで接続できるため、ケーブルの取り回しの煩わしさから解放されるほか、好きな場所にスマートフォンを収納して使うことが可能。さらにヘッドセットであれば、電話がかかってくればそのまま会話もできる。

 また、自宅などでスマートフォン内の音楽をスピーカーを使って聞きたいという場合には、Bluetooth対応スピーカーがあると便利だ。スピーカーとスマートフォンをケーブルで接続する必要がないほか、手元のスマートフォンで気軽に選曲や曲送り/曲戻しといった操作ができるメリットも大きい。

 加えて、最近のBluetooth機器はオシャレなデザインのものが増えており、ファッションやインテリアの一部としても存在価値がある。ここでは「Jabra」ブランドでスマートフォン対応ヘッドセットやイヤフォンを精力的にリリースしているGNネットコム ジャパンの3つの製品、そして一風変わったBluetooth対応スピーカーとして注目を集めるJAWBONEの「JAMBOX」を紹介したい。

高級感のあるデザインが印象的な
ヘッドセットアダプター

クリップ形状の「JABRA CLIPPER」(右)と付属のイヤフォン(左)クリップ形状の「JABRA CLIPPER」(右)と付属のイヤフォン(左)

 GNネットコムジャパンから発売されている「JABRA CLIPPER」は、マイク付きのアダプターと、別途接続するカナル型のイヤフォンで構成されたBluetooth接続のヘッドセットだ。アダプターのイヤフォン端子は通常のステレオミニプラグであり、好みのイヤフォンをつなぐことができる。

 JABRA CLIPPERの特徴は、アダプター部分の凝ったデザインだろう。継ぎ目のないシームレスなデザインで、ソフトラバーでコーティングされているなど高級感のある仕上がりになっている。

側面に充電用のUSB端子を搭載する側面に充電用のUSB端子を搭載する

 対応するプロファイルは、音楽配信用の「A2DP」と、再生機器のコントロールを可能とする「AVRCP」、音声通話をするための「HFP」「HSP」の4つ。著作権保護技術の「SCMS-T」にも対応しているため、ワンセグ放送の音声も聞くことができる。バッテリーの連続待受時間は約192時間で、最大約6時間の通話が可能となっている。

 利用時はクリップ型のアダプターをシャツの胸ポケットや襟などに固定し、そこにイヤフォンを接続することになる。アダプターの中央に着信時の応答用のボタンと、音量調整用の2つのボタンが配置されている。なお、音楽再生時は中央のボタンを押すことで再生/一時停止の操作となるほか、音量調整ボタンを長押しすると曲送り/曲戻しとなる。

 今回はauの「REGZA PHONE IS04」で試してみたが、音楽の再生や着信時の応答も問題なく利用できた。また中央のボタンを長押しすれば着信拒否になるなど、基本的な操作は網羅されている。

 ただ、胸ポケットの位置にアダプターを取り付けていると、相手が音声を聞き取りづらい。襟など口に近い位置に取り付けるか、通話時には本体を手に持って口元で使うといった対応が必要だ。

 付属のカナル型イヤフォンは、しっかりと低音が出ている一方、高音域の音が抜けきらず、こもった音になりがち。しかし実売価格は6000円前後であることを考えると、Jabra CLIPPERのコストパフォーマンスは極めて高い。好みのイヤフォンを使う前提で購入しても、十分満足できる買い物になるのではないだろうか。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART