このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道第47回

音質追求型のBluetoothイヤフォン2製品を聞き比べ!

2010年04月05日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 「iPhone」や「iPod Touch」、さらには携帯電話などにおいてBluetoothがサポートされるようになり、Bluetoothヘッドフォンやイヤフォンと組み合わせて、外出先でケーブルレスで気軽に音楽を聴ける状況が整いつつある。ただ、Bluetooth経由で音楽を聴くときに不満になるのが音質だ。

 その理由の1つとして、そもそも仕様上高音質を実現するのが難しいことが挙げられる。Bluetoothの音声伝送には「HSP」(Head Set Profile)と「A2DP」(Advanced Audio Distribution Profile)の2種類がよく使われているが、音楽などの用途ではより高音質なA2DPが用いられる。

 ただ、こちらにしても音声を圧縮して伝送するため、オリジナルと比べると劣化してしまうのは避けられないわけだ。

 2つ目の理由は、音楽再生の用途に適した製品が少なかったことが挙げられる。市場で主流となっているのは、携帯電話を使った通話を行なうためのヘッドセットであり、そうした製品であれば音質にこだわる必要はない。A2DPをサポートしていることも多いが、あくまで“サポートしているだけ”というレベルであることが多い。

 そんなBluetoohイヤフォンだが、最近になって音質にこだわった製品が徐々に登場し始めている。

今回紹介するのは、オーディオテクニカの「ATH-BT02」(左)と、ゼンハイザーの「MM 200」(右)

 今回はそうした製品の中から、オーディオテクニカの「ATH-BT02」と、ゼンハイザーの「MM 200」をチェックしてみた。実売価格はATH-BT02が9000円前後、MM 200が2万円前後となっている。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン