このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

5千円vs2万円対決!iPhoneオーディオどっちを買うべき?

2012年08月18日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneオーディオ買うなら「パッシブラジエーター」が決め手

 「俺はスマホの内蔵スピーカーの音質に満足できないんだぜ!」

 うむ。そうでありましょう。私が思うに、大抵の方は満足できていないと思うのです。そこでお勧めしたいのが、小型のBluetoorhスピーカー。片手で持って歩ける程度のものが、スマホのモバイル度に合っていると思うのです。

 「でもワイヤレスなんて音がしょぼいだろ。だいたい片手で持てるスピーカーで低音出るわけないだろ?

 というご指摘もその通りかも知れません。が、去年発売されたJAWBONE「JAMBOX」(実売価格2万円前後、関連記事)は、そうした常識をくつがえす画期的な音質、特に充実した低域を実現しておりました。それで私もつい買ってしまったのです。

「JAWBONE JAMBOX」(2万円前後)

 その低域を実現したのが「パッシブラジエーター」というデバイス。

下がパッシブラジエーター。スピーカーに共振して低音を強化する

 これはボイスコイルもマグネットもない、振動板だけのスピーカーユニットで、自分では鳴りません。が、これを気密性の高いエンクロージャーに組み込み、メインスピーカーの背圧を受けて振動させると、すごい低音が出る。ドローンコーンスピーカーとも呼ばれ、小型のサブウーファーにも使われています。

 おかげでJAMBOXは、一回り以上大きな据え置き型スピーカーと比べても劣らない、見た目を裏切る再生能力を持っています。なにしろ本体を持ってスイッチを入れる度に、ブルルンと揺れ動く。このバイブスを感じるたび「さあ今日も音を聴くぜ!」というモチベーションが高まるわけです。

 その後、同様の製品も続々と現れています。それらの特徴は以下の5点。

最新モバイルスピーカー5つの特徴

1. プレイヤー(iPhone)とBluetoothで接続
2. 内蔵マイクでスピーカーフォンとして使える
3. 充電式の内蔵バッテリーが電源になる
4. コンパクトでモバイル性が高い
5. 低域不足を補うためにパッシブラジエーターを内蔵

 その中でも特徴的な製品を2点ピックアップしました。まず、「JAMBOXは高い!」という人には、実売5000円以下で買えるロジクールの「mini Boombox」があります。そして「もう少し大きな音量が欲しい!」というニーズに向けて、大きなJAMBOX、その名もズバリ「BIG JAMBOX」が発売されています。こちらはちょいとお高く、2万円台の後半くらい。

 今回は、この「mini Boombox」と「BIG JAMBOX」の2台を比べてみましょう。再生側の端末は、iPhone 4と初代iPad(いずれもiOS 5.1.1)を使いました。

mini Boombox

●メーカー ロジクール
●サイズ 幅115.5×奥行き71.2×高さ57.5mm
●重量 230g
●連続再生時間 約10時間
●実売価格 5000円前後
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/tablet-accessories/speakers/Mini-Boombox


BIG JAMBOX

●メーカー JAWBONE
●サイズ 幅256×高さ93×奥行き80mm
●重量 1270g
●連続再生時間 約15時間
●実売価格 2万円台後半
http://jawbone.com/speakers/bigjambox/overview

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART