このページの本文へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記 ― 第18回

痛車、イタ車、イカ車のトップ3で明日決勝へ

【超速報】GT300のミクさん、セパンで悲願のポールダンス!

2011年06月18日 23時59分更新

文● 電アスレース部ぶちょー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 あいにく現地から写真等がまだ届いていないが、ASCII.jp読者のミクGTチームのファンや個人スポンサーの皆さんと、この胸熱を共有したくて速報する。

 すでにGSRのチーム速報などをご覧の方はご存じかと思うが、SUPER GT 2011の第3戦セパンラウンドの予選が18日(現地時間)に開催され、見事に#4 ミクZ4がポールポジションを獲得した。


セパンをみっくみくにしてやったよ!

 セパンラウンドはミクZ4(2011年度)に限らず、ミクGTチームにとっても初の海外戦。サーキットは直角コーナーの連続と2つの長い直線をヘアピンが挟み、気温の高さも相まって外車勢には不利ではないかというのが開幕前の下馬評だった。しかし、ふたを開けてみればスーパーラップ(二次予選)に進出した10台のうち、トップ5を含む8台が外車勢という結果に。しかも2番手にミクZ4、3番手に#27 イカ娘フェラーリと、痛車ライバルがまたまた上位に食い込んだ。

 富士スピードウェイでもお馴染みのスーパーラップ方式は、1台ずつピットアウトしてテーマ曲を流しながらベストラップを競い合うというもの。富士に続いて、マレーシアの地でもミクちゃんのテーマ曲と「侵略、侵略~♪」がこだまするとは、2011年シーズンが始まる前に誰が予想しただろうか。これだけでも胸熱。

 スーパーラップでは谷口選手が唯一2分8秒台をたたき出して見事にポールポジションを獲得! 自身3度目のポールを、新チーム移籍1年目にして初海外でゲットした。2番手は#88 JLOCランボ RG-3、3番手に粘り腰のイカ車こと、イカ娘フェラーリが入り、トップ3は痛車、イタ車、イタ痛イカ車という2011年前半のGT300クラスを象徴するようなポジションとなった。

 一方、同じ痛車の同胞、#2 エヴァ初号機 紫電は練習走行こそ好調さを見せたものの、予選1回目でピット入りしたまま記録なし。#5 マッハ号も2分12秒台で16番手から上位進出を狙う。

 そしていよいよ明日、19日はセパン戦の決勝当日。これまでも予選2位(2010年もてぎ戦)までは経験してきたミクZ4チーム。ついに前に誰もいない“最速の歌姫”を体現して見せたミクZ4。でも、ここで満足してはいけない。ウェイトハンディ28kg以上に重い、個人スポンサー約9000人とASCII.jpのミクZ4読者の熱い想い、高まる期待を載せているのだから。目指すは表彰台の、もちろん頂点だ! 行けミクZ4、限界のその先を見せてくれ!

セパン戦パブリックビューイング詳細

 セパンに見に行けないファン&個スポはアキバへ集合! 19日はベルサール秋葉原で「夏のASCIIフェス」が開催中なので、そちらを覗いてからパブリックビューイングにも足を運ぼう! 電アスレース部との約束だぞっ!!

日時
6月19日 (日) 開場 15:30 レース中継 16:30~
場所
秋葉原駅 電気街口から徒歩5分 スポーツカフェバー「AKIBA NO.1!!!」(公式サイト
東京都千代田区外神田3-1-3 秋葉原パークビル 2F
入場料金
1000円/1drink
その他
第1会場はフードが無料
第2会場には、特別ゲストとしてケイ・コッツォリーノ選手が来場


カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社