このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2011レポ ― 第15回

冷却機能に自信アリ! サイズ、新CPUクーラーを展示

2011年06月02日 12時00分更新

文● 近江忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUクーラーや電源ユニットで人気のサイズは、南港展示場でブースを出展しており、未発表の製品を多数展示していた。この中で気になった製品をいくつか紹介しよう。

KATANAの最新モデルは直刀に?

 

 フィンだけではなく、マザーボードの部品の冷却も可能になるということで、ヒートパイプの折り曲げ角度を大きくし、フィン部分が「傾いている」ことが特徴の「Katana」シリーズ。その後継モデルは、一見すると通常のCPUクーラーと同じようにマザーボードに対して直立した、至って普通のシルエットのものになってしまった!?
 いや、慌ててはいけない。フィンの角度をよく見ると、マザーボードの部品まで冷却できるように角度が変えてあるのだ。つまり「Katana2」に近い形状に戻ったことになる。
 発売は今秋を予定しており、価格は現在の「Katana3」と同じぐらいの値段(3000円半ば)にしたいとのこと。

「Katana」シリーズのDNAはそのままに、シルエットはどちらかというと「Katana2」に戻ってしまった「Knatana4」。とはいえ見た感じではフィンサイズが大きくなっているようなので、冷却効果は高そうだ

そのほかの未発表製品

高さ58mmのヒートシンクに12mm厚の120mmファンを搭載した「Big shuriken 2」。5本のヒートパイプが効率よく熱を伝導するという(前モデルよりも1本増えた)。スリムケースで熱問題に困っていた人は要チェックだ。今夏に登場予定で、価格は前モデルと同程度に抑えたいとのこと
ヒートシンクにウニャウニャと伸びる触手のようなヒートパイプが特徴の大型CPUクーラー「Asyura」。ファンには140mm角のものを使用しており、拡張スロットに取り付け型のファンコンが付属する。今秋発売としており、価格は3000円台後半~4000円台前半を予定しているとのこと
80mm角ファンを搭載した「Mugen」シリーズのプロトタイプ「Mugen3 mini」。現在のところは日本での展開は考えていないとのこと
カタログで「市場にあるどんなVGAカードにも高い確率で取り付けられる」と謳う「Musashi 2」。100mmファン2基で冷却を行なう。対応はAMDがHD6970~、nVidiaがGTX470~。2011年Q4ぐらいを予定しており、価格は未定

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中