このページの本文へ

HDMI出力が可能なAndroid搭載小型メディアプレイヤー!

2011年05月26日 11時00分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フルHD(1920×1080)出力に対応したAndroidメディアプレイヤー「Android TV/Internet Boxモデル FV-1」が、aPad専門店で発売している。

本体
製品本体は非常にコンパクトで片手に収まるサイズ。上面には「androidTV」のロゴが確認できる

 Android TV/Internet Boxモデル FV-1は、Android 2.2を採用した据え置き型メディアプレイヤー。製品に搭載されたHDMI端子をテレビやモニタに接続して使用する仕組みで、Webブラウザー(Flash対応)はもちろん、Android Marketなども利用することができる。

インターフェイス
本体の右側面にはSDカードスロット、背面にはUSB端子、HDMI端子、有線LANポート、電源コネクターなどが搭載されている
モニタへ出力
フルHD対応のモニタへ出力しているところ。携帯端末向けのOSなので、スクリーンキーボードが表示されてしまう点はご愛敬。動作は非常に快適でWi-Fi環境でのブラウジングも殆ど処理落ちすることはなかった

 主なスペックは、CPUにクロック周波数1GHzのSamsung製「SSPV210」を採用するほか、メインメモリーにDDR2 1GB、メインストレージ用に4GBのフラッシュメモリーを搭載。前面、背面にUSBポートが搭載されており、USB接続のマウスやキーボード、外付けHDD等も利用可能となる。その他、最大32GBまで対応したSDカードスロット、有線LAN、無線LAN、Bluetoothなどの通信機能に対応。付属品はACアダプター、HDMIケーブル、リモコンなど。価格2万1500円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART