このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Lenovo Ideaシリーズ大研究第56回

充実の同梱ユーティリティで安心利用

IdeaPad Y560p(4)――ロックやバックアップ機能を活用

2011年03月31日 12時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IdeaPad Y560pレビュー第4回は、レノボPCに標準で付属するユーティリティをいくつか紹介しよう。仮想的なファスナーでロックする機構などアイデア面でも楽しい。

指先で触れて使うタッチセンサー「SlideNav」

 「IdeaPad Y560p」(4397J3J)のキーボードとディスプレーの間には、点々と並ぶLEDがある。この手前側、キーボード寄りをよく見ると、細かいラインが刻まれている。ここがタッチセンサーだ。

キーボードとディスプレーの間に並ぶLEDの手前に、凹凸部分がある。それが「SlideNav」のセンサーだ

 両端以外の部分に触れると、ディスプレーに表示されたデスクトップ画面の下側に8個に区切られた長いバー(ランチャー)が表示される。標準で起動できるアプリケーションは「電卓」「ノートパッド」「サウンドレコーダー」「マイドキュメントフォルダーを開く」「ユーザーマニュアルの表示」で、ソフトは変更することが可能だ。適当に触れた位置から指を左右に動かせば、メニューを選択できる。

よく使う機能を指先で起動できるランチャー機能

 センサーの右端に触れると、壁紙の切り替えが行なえる。また左端に触れて右へ向かってスライドさせると、画面上にファスナーが表示される。起動している状態のまま、半透明な幕をかぶせたような表示になり、その真ん中をファスナーが閉じて行く。指の動きに合わせて動くファスナーを完全に左端まで動かして閉じきれば、画面ロックの完了だ。

指先を滑らせるだけで使える画面ロック機能

 画面上にファスナーが表示されている間は、キーボードなどからの入力が受け付けられない。解除するにはセンサーの右端から左端まで指を滑らせてファスナーを開くだけだ。パスワード保護機能などはないため、悪意を持っているユーザーへの対抗策というよりは、子供のいたずらを防止するための機能として考えておくといいだろう。

 ファスナーの開け閉めは、きちんと端から端まで止まらずに指を滑らせる必要がある。つまり適当に触ったら解除されてしまった……という心配はなさそうだ。

 ひとつのセンサーにいくつもの役割が割り付けられているのが便利で、触っていて楽しい点もポイントとなっている。IdeaPad Y560pを購入したら、ぜひ使いこなしてほしい機能のひとつだ。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事