このページの本文へ

GALAXY「GF PGTX460/1GD5 WHDI」

映像を無線で飛ばせる「GeForce GTX 460」が発売

2011年01月11日 22時02分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 WHDI(Wireless High Definition Interface)を採用する「GeForce GTX 460」搭載ビデオカード「GF PGTX460/1GD5 WHDI」がGALAXYから発売となった。

「GF PGTX460/1GD5 WHDI」
WHDIを採用するという「GeForce GTX 460」搭載ビデオカード「GF PGTX460/1GD5 WHDI」。「GTX 460」カードとしては高価だが、非常にユニークな仕様となっている

 この製品は、WHDIレシーバーとセットで利用することで、最大半径約30m範囲で映像出力を無線で飛ばせるビデオカード。以前フェイス秋葉原本店で行われたGALAXY社のオーバークロックイベントでも使用された実績があり、ワイヤレス化によるディスプレイの表示遅延は1ミリ秒以下を実現。ゲームプレイ等にも問題はなさそうで、実際に会場で確認した時も遅延を感じるようなことはなかった。当時は「国内の無線認証さえ受けられればすぐにでも発売可能」(GALAXY関係者)とのことだったが、ようやく販売体制が整ったということなのだろう。

ブラケット部
ブラケット部はDVI-I/DisplayPortという既存の映像出力端子のほか、5基のアンテナ端子を搭載。なかなか壮観な外観だが、PC本体はどこか離れた場所に設置できるのであまり問題はない

 カード自体の主なスペックは、コア/メモリクロックが675MHz/3600MHz、搭載メモリがGDDR5 1GB。ブラケット部はDVI-I/DisplayPortという既存の映像出力端子のほか、5基のアンテナ端子を搭載。WHDIレシーバー側には別にHDMI端子が用意されており、これを液晶モニターなどと接続する。また、MiniUSB端子も備えているが、こちらはファームウェアアップデート等で利用するという。
 付属品は、DVI→D-SUB変換コネクタ、ビデオカード接続用アンテナ×5、WHDIレシーバー(本体、縦置き台、ACアダプタ)、HDMIケーブル、MiniUSB(オス)-USB(オス)ケーブル、miniUSB(オス)-USB(メス)ケーブル、4pin(x2)→6pin電源変換ケーブル×2。
 価格はアークで4万6800円(完売)、フェイス秋葉原本店で4万6970円、TWOTOP秋葉原本店で4万6980円となっている。

スペック
付属品は豊富。またカードのスペック自体は従来の「GTX 460」搭載カードと変わりはない

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中