このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

買ったからには全部言いたい! ニコン「D3100」の実力 ― 第7回

D3100 vs α55(その2)――画質は意外にいい勝負!?

2010年12月09日 12時00分更新

文● 小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソニー「α55」(左、ボディのみの実売価格は7万5000円前後)とニコン「D3100」(右、同6万2000円前後)
ソニー「α55」(左、ボディのみの実売価格は7万5000円前後)とニコン「D3100」(右、同6万2000円前後)

 前回に引き続き、筆者所有のニコン「D3100」と、担当編集者所有のソニー「α55」の比較を行なう。今回は画質や実際の使い勝手を中心に比較してみた。

高感度撮影の画質はD3100が好印象

α55(ISO 12800)で撮影したライブの様子。暗部にもそれほど気になるようなノイズは見られない D3100(ISO 12800)で撮影したライブ風景。ノイズ感は多少感じるが、コントラストがちゃんと保たれている
α55(ISO 12800)で撮影したライブの様子。暗部にもそれほど気になるようなノイズは見られないD3100(ISO 12800)で撮影したライブ風景。ノイズ感は多少感じるが、コントラストがちゃんと保たれている

 筆者は普段からライブハウスや夜景などをよく撮影しているが、D3100、α55ともに高感度撮影に強いことが謳い文句となっている。そこで両者で撮り比べてみたのだが、どちらのカメラも最新のデジカメらしく、やはり高感度に強い印象である。

 ISO 12800相当で撮影しても、何年か前のデジタルカメラのように色ノイズだらけ、ということが無い。少し粗いかもしれないが、等倍で見るのでなければ問題なく実用可能だと思う。

α55の感度別撮影サンプル

ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600 ISO 3200
ISO 1600ISO 3200
ISO 6400 ISO 12800
ISO 6400ISO 12800
ISO 25600 ISO 25600

 夜景でISO感度を変えながら撮影していくと、α55ではISO 3200相当まではあまりノイズ感が出ることがなく、色調に関してはISO 6400まで変化が少ない。

 ISO 12800相当まで増感すると多少ノイズ感と色調の変化が目に付くようになるが、目くじらを立てるほどのものではなかった。必要な絞りやシャッタースピードが稼げない状況であれば、迷うことなくISO感度を上げてもいいと思う。

 コンパクトデジカメのような、とりあえず撮影はできるというのとはレベルが段違いである。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART