このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

買ったからには全部言いたい! ニコン「D3100」の実力 ― 第3回

常用感度はどのくらい!? D3100の性能チェック!

2010年10月14日 12時00分更新

文● 小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「D3100」レンズキット。実売価格は7万円前後
「D3100」レンズキット。実売価格は7万円前後

 ニコン「D3100」を購入してから数週間が経った。ボディとキットレンズの軽さが気に入っていて、結構持ち歩く機会が多い。これからの紅葉の季節が待ち遠しい限りである。

 さて、本連載の第1回目でファーストインプレッションをお届けしたが、D3100がどのような傾向を持ったカメラなのかがだんだん分かってきた。そこで今回は感度別やピクチャーコントロールの違いによる色調の変化、ノイズ低減などの設定の違いなどをチェックしてみた。


コントラスト、彩度がやや高め?
ピクチャーコントロール

 D3100のピクチャーコントロールの「スタンダード」設定はコンシューマーに好まれるような彩度でコントラストも高めの設定のようだ。オートホワイトバランスが明らかに記憶色を重視しているようなので、撮影シーンによっては光源の色味を残しすぎる印象を持つこともあった。


ピクチャーコントロールの撮影サンプル

スタンダード ニュートラル
スタンダードニュートラル
ビビッド モノクローム
ビビッドモノクローム
ポートレート 風景
ポートレート風景

 スタンダードでもコントラスト、彩度ともに高いと思う。「ニュートラル」でも十分な彩度とコントラストを持っているように感じた。個人的な好みとしてはもう少し彩度は下げ気味にしてコントラストも低めにしたいところである。

 ニュートラルや「ポートレート」から彩度を上げていくか、それともスタンダードのまま彩度を少し下げるか、今後調整して自分の好みのセッティングを出せればと思っている。 

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART