このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

まつもとあつしの「メディア維新を行く」 ― 第16回

グッドスマイルカンパニー安藝貴範社長に聞く

ブラック★ロックシューターが打ち砕いたもの(1)

2010年12月03日 09時00分更新

文● まつもとあつし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

無料で67万枚配布 アニメビジネスを変える一手

 時間差をつけて映像の事業展開を行ない、収益機会の最大化を図るウィンドウ・ウィングモデル、そして、作品への認知・共感を高めて関連製品でのビジネスを展開するグッドウィルモデル。この2つを紹介した「メディア維新を行く」アニメ編第2回にはアニメ視聴者だけでなく、業界関係者からも様々な反応があった。

 その中でグッドウィルモデルの典型例として、「ブラック★ロックシューター(B★RS)」を取り上げたところ、まさにその展開を担う、グッドスマイルカンパニーの安藝貴範(あきたかのり)社長ご本人からコメントを頂いた。

Twitter上にて、安藝社長ご本人から「はい。B★RSの本質をお伝えいたします」と心強い返信をいただいた

 元々アニメーションの制作費の回収は、「鉄腕アトム」の時代に遡る。アトムの商品化(お菓子や玩具などにキャラクターを提供し、そのロイヤリティを得た)ビジネスに原点がある。

 そして現在、アニメDVDの販売が芳しくない中、フィギュアを中心としたビジネスを展開してきたグッドスマイルカンパニーが、なぜ映像分野に進出しているのか? そして、60万枚を越えるDVDを無料配布したその目的と効果について安藝社長に詳しくお話を伺った。

「ブラック★ロックシューター」とは?

すべては2007年12月、huke氏がpixivにアップした一枚のイラストから始まった3年間でフィギュア、アニメ、そして11月にはゲーム化が発表された

 「ブラック★ロックシューター(B★RS)」とは、イラストレーターhuke氏が「pixiv」に投稿した1枚のイラストから派生した絵画、音楽、PV、映像コンテンツの集合体。

 イラストにインスパイアされた同名のオリジナル曲は、ニコニコ動画にアップされるや否や大好評を博し、300万超という再生回数と共に初音ミクの代表曲の1つとなった。

2008年6月には同名の楽曲がニコニコ動画にアップされ、瞬く間に初音ミクの代表曲となった。2010年12月現在の再生数は370万超を数える

 2009年にはアニメ化が発表され、グッドスマイルカンパニーを主幹事とする製作委員会の下、人気アニメ監督・山本寛氏の制作会社「Ordet(オース)」による制作が進められた。そして2010年には本編DVDを雑誌「ホビージャパン」「アニメディア」「メガミマガジン」への付録として配布するという前代未聞の展開方法が告知され、アニメビジネスの新モデルとして話題となる。

アニメ化にあたっては、本編DVDを雑誌付録にして認知度を向上させ、フィギュアその他で収益を得るという前代未聞の展開方法となった

 今春には満を持してグッドスマイルカンパニーからアニメ版のフィギュアが発表され、その時点で16万個を超える予約が殺到。年末発売のアニメBlu-ray版も予約好調だという。日本で最も成功したUGCの1つと言えるだろう。

グッドスマイルカンパニーからは、原作版・アニメ版のキャラクターフィギュアが多数発売されている

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ