このページの本文へ

VMware専用PCoIP対応のゼロクライアント「Wyse P20」

ワイズテクノロジー、VMware View対応シンクライアント

2010年11月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月9日、ワイズテクノロジーは、VMware Viewをサポートする画面転送プロトコル「PC-over-IP(PcoIP)」に対応したシンクライアント「Wyse P20」(以下、P20)の国内販売を開始すると発表した。価格はオープンプライス。

VMware Viewをサポートする画面転送プロトコル「PC-over-IP(PcoIP)」に対応したシンクライアント「Wyse P20」

 P20は、VMware専用PCoIP対応のシンクライアント。ヴイエムウェアと協力し、PCoIP技術を採用することで、CAD/CAMや3D立体モデリング、ビデオ編集など、処理の重いハイエンドアプリケーションに対応するのが特徴となっている。

 また、ハードウェアPCoIPエンジンに基づく本製品は、ローカルOSを必要とせず、ブートも高速。アンチウイルス保護の必要がないのも特徴で、同社ではゼロクライアントと呼んでいる。

 おもな仕様は、CPUがTeradici 1100P PCoIP、メモリは128MB、ネットワークが1000BASE-T。インターフェースはDVI×2、USB1.1×4、マイク入力×1、ライン出力×1、ヘッドホン出力×1。サイズが幅135.4×奥行き45.9×高さ210mm。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ