このページの本文へ

ミクの中の人「藤田咲」さんも応援に駆けつけた

セガがまたやった! ミク痛営業車が出陣!

2010年07月14日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セガの営業車が2台もみっくみくに!

 セガが同社のPSP用ゲーム「初音ミク -Project DIVA-」のPRのために営業車を痛車化したことを、去年お伝えした(関連記事)。

 今月29日に「初音ミク -Project DIVA-」の続編が発売されるのだが、それに合わせてなんともう1台、痛営業車を作ってしまったという。そのうえ、同ゲームのテーマ曲「こっち向いて Baby/Yellow」(本日発売)のプロモーションも兼ねて、痛車の出陣式を行なうと言うではないか! 初音ミクの声優、藤田咲さんも駆けつけた出陣式の様子をレポートしよう。

これが痛営業車弐号機だ!

 「初音ミク -Project DIVA- 2nd」痛車の施工作業を担当したのは、ニコニコ動画ユーザーには「御社」でお馴染みのタップ。SUPER GTのミクZ4を始め、数々の痛車を世に送り出しているラッピングマイスターだ。基本的なコンセプトは前回と同じだが、キャラクターのデザインなどが変わっていたので大変だったそうだ。また初号機は「初音ミク -Project DIVA-」の廉価版が発売されるにあたり、デザインをリファインしてイチから貼り直したという。ちなみに、2台ともベース車両はトヨタ・カローラフィールダーだ。

ビルの上や大型バスからも見えるように、今回はルーフにもラッピングを施した。全方位、「初音ミク -Project DIVA-」だ!
弐号機を見てしまうと、大人しいデザインに見えてしまう初号機。いや、これも十分痛いんですけど。リアとルーフにミクがいないのが大きな違い

藤田さんがダルマに目を入れてヒット祈願!

おおお! 初音ミクの声優を務めた藤田咲さんが司会進行役! 贅沢すぎる!「初音ミク -Project DIVA-」シリーズのプロデューサー、セガの西野氏
藤田さんがこの作品のヒットを祈願してダルマに目を入れた。これならきっとヒットする!「初音ミク -Project DIVA- 2nd」とテーマ曲の「こっち向いて Baby/Yellow」がヒットしますように! とセガ社員の思いを背負ったダルマ
こういう行事にはつきものの、くす玉割り。藤田さんも楽しそうだ
最後は痛トレーラーと痛営業車の前で全員集合! 左からソニーミュージックダイレクトの田中氏、痛車施工をしたタップの綱島氏、藤田咲さん、セガの西野プロデューサー、痛営業車のデザインを担当した青島文化教材社の久保田氏
この大迫力の痛トレーラーは新宿・渋谷・池袋・秋葉原といった都内の主要地域を巡回するそうだ。見かけたら写真を撮ろう!
こちらの2台の営業車はこのままセガの営業マンが使うとのこと。このクルマで営業に行けば成績もアップしそう(?)
出陣式の乾杯で使用されたミク水。藤田さんが乾杯の音頭をとり、みんなでおいしく水を飲んだ
出陣式はセガ本社の正面玄関で開催された。ミクとは関係ない社員のみなさんも見に来ていて、最後はクラッカーを鳴らしていた
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社