このページの本文へ

誤送信対策に特化した「GUARDIAN CorrectMail」を利用

キヤノンITS、1アカウント月額250円の誤送信防止サービス

2010年04月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月19日、キヤノンITソリューションズは、電子メールの誤送信対策を低コストで実現できるサービス「メール誤送信対策ASPサービス」の販売を開始した。

電子メールの誤送信対策を低コストで実現できるサービス「メール誤送信対策ASPサービス」

 「メール誤送信対策ASPサービス」は、自社開発の電子メール誤送信対策システム「GUARDIAN CorrectMail」を利用したASPサービス。

 「GUARDIAN CorrectMail」には、誤送信防止のアプローチとして以下の3つの方法が用いられ、本ASPサービスはそれらの機能を利用して誤送信対策を実現する。

自己査閲機能
 送信したメールを一定時間保留させ、ユーザー自身で削除する
上長査閲機能
 一定のルールに該当したメールを保留し、上長が内容をチェックし、削除や送信といった操作を行なう
分割評価機能
 外部と内部など宛先の分かれたメールにおいて、先に社内の部門メンバーに配信し、その後外部へは遅延して配信するといったポリシーを設定。外部に送信する前に社内の受信者が内容をチェックし、誤送信を抑止する

 価格は初期費用が5万円、1アカウントあたりの月額利用料は250円。最小10アカウントから申し込み可能となっている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ