このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あの定番無料ウェブよりもっと便利なサービスを探す! ― 第2回

機能に差が有り! 使えるファイル転送サービスはコレ

2010年04月06日 12時00分更新

文● 井上繁樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メールでは送りにくい大容量のファイルを
手軽にネット経由で送れるファイル転送サービス

 無料ウェブサービスを比較する本特集の第2回は「ファイル転送サービス」。メールに添付するとトラブルの元になりかねない数MBオーバーの大容量ファイルを、インターネット経由で誰かに渡したいときに用いられるサービスだ。送り主からの大容量ファイルを、インターネット上のディスクスペースに一時的に預かり、受取人にファイルの預かり場所を伝えてダウンロードしてもらう仕組みで人気が高い。

大容量ファイルを一旦サーバー上に保存し、受取人にファイルの置き場所を記したURLを伝えることでファイルを相手に渡せるファイル転送サービス。ビジネスにもホビーにも欠かせないウェブサービスになっている

 インターネット上にファイルを置くので流出の心配をする人がいるかもしれないが、もちろん対策は取られている。パスワードによるロックやファイルの送受信の暗号化、メールを使った本人確認など機能強化が進み、安心して使えるようになっている。

 ファイル転送サービスと言えば、1999年スタートの「宅ふぁいる便」が昔からの定番サービスだ。しかし最近では競合サービスも増え、容量やセキュリティ対策など、機能面でかなり強力なサービスが多数登場している。この機会に自分にとってベストなファイル転送サービスはどれなのか、ぜひチェックしてほしい。

 ファイル転送サービスの比較ポイントは、主に以下の3点になってくるだろう。

容量と保持期間
セキュリティ対策
ユーザー登録機能

 今回紹介するのは前述の宅ふぁいる便のほか、firestorageWebFileおくりん坊データ便FileTruckの計6サービスである。まずは機能の比較表を以下に作成した。

  宅ふぁいる便 firestorage WebFile おくりん坊 データ便 FileTruck
通常会員 プレミアム会員 非登録ユーザー 登録ユーザー ライトプラン フリープラン
容量 50MB 100MB 2GB 2GB 100MB 250MB 100MB 300MB 1GB
預かり期間 3日 3日 7日 7日 制限無し(要ログイン) 3日 3日 3日 3日
パスワード × × × ×
通信暗号化 × × × × ×
ダウンロード回数制限 × × × × × ×
預かり期間短縮 × × × × × ×

 詳しい機能やサービス紹介については、次ページ以降で確認してほしい。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART