このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

目指せ快適! MacBook Pro長期レビュー ― 第16回

MacBook Proを「HDMI」で大画面につなごう!

2010年03月11日 16時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

13インチMacBook Pro
13インチMacBook Pro

 13インチMacBook Proといえば、均整なアルミのボディーに、デジタルライフを楽しむための機能をギュっと詰め込んだプロダクト。国内でも人気が高くて、「初めてのMac」として選ぶ人も多いです(Apple Storeで見る)。

 本連載「目指せ快適! MacBook Pro長期レビュー」では、本体の見所や併せて使うと便利な周辺機器、覚えておくと便利なソフトの設定方法など、MacBook Proをより楽しく使うための情報を提供していきます(連載の目次)。


 外出時は便利でも、自宅で映像を見ながらくつろぐには物足りない13インチという画面。13インチMacBook Proの長所とも短所ともなりうるスペックだが、手軽にテレビ出力できるとしたら……。

 今回は、MacBook Proの画面をHDMI出力できるアダプター「moshi Mini DisplayPort to HDMI Adapter」(以下、HDMIアダプター)をゲストに迎えて、その使い方とメリットを紹介したい(関連リンク)。


そもそも「HDMI」で出力するメリットとは

 MacがIntelプラットフォームへ移行してからというもの、BootCampの提供や仮想化ソフトの普及といった背景もあり、「WindowsかMacか」という二項対立的な論調を耳にすることが少なくなった。同じIntel製CPUを搭載するもの同士、外観は多少(かなり?)異なるが、基本スペックにおいて大きな差はないと考えていい。

 しかし、こと「映像」が絡むと話は変わってくる。Windowsマシンにおいて、いまや地デジキャプチャ機能の標準装備は当たり前と言っていいほどで、「地デジノート」などという言葉すら存在する。

 一方、Macといえば、アップルが日本の地デジ規格をサポートする気配はなく、自前でUSB接続の地デジキャプチャー機器を買わねばならない始末。そもそもMac OS Xは著作権保護技術「HDCP」をサポートしていないため、録画した番組は外部ディスプレーに出力できないというオマケ付きだ。

 とはいえ、Macに取り込んだHDビデオカメラの映像を大画面で楽しみたい、と願うユーザーは少なくないはず。筆者も、アナログ波時代に撮り貯めたとっておきの「空耳アワー」コレクション(MPEG-4に変換してiTunesで管理している)を楽しむときには、MacBook Proの13インチ画面ではなく、書斎の32インチ液晶テレビのほうがいいと感じる。

 どうすればMacBook Proの画面を損失なく液晶テレビに飛ばせるか、これが今回紹介するHDMIアダプターを選んだ理由だ。

13インチでは物足りない、そんなシチュエーションではHDMI出力を検討してみたいHDMIアダプターを新Apple Remoteと並べたところ。十分持ち歩ける大きさだ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中