このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

これが自己責任の取り方だ!!

Nexus Oneを修理しに香港まで行ってきた

2010年03月02日 12時00分更新

文● 中山智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

届いてから1週間で故障したNexus One

 Googleのサイトから、直販されているAndroid端末「Nexus One」。SIMフリーのスマートフォン大好きの筆者は、当然ながら発売当日に購入。ちなみに、Nexus Oneの購入にはいろいろハードルがあるが、1月の時点でたまたま直販に対応したシンガポールにおり、さらに香港の知人に転送をお願いすることで、1月中旬には手元に届いた。

充電できなくなったNexus One 泣くな、笑うな。1週間で故障してしまったNexus One。充電ケーブルを挿しても、充電ランプはつかず変化無し

 入手してから、ASCII.jpでレビュー記事を書いたり(関連記事)しながら使用していたのだが、1週間ほどすると充電できなくなるという不具合が発生。そのため、バッテリを使い切ってしまったあとはタダの文鎮と化してしまった!!

 いかんせん周りにNexus Oneを使っているユーザーがいないので、本体やバッテリ、充電器を交換して、原因を突き止めることは不可能。そこでまずサンコーレアモノショップで販売している、バッテリを直接充電できるアイテム『USBなんでもチャージャー2』(関連リンク)を購入。Nexus Oneからバッテリを外して、充電を試してみたが見事に充電されなかった。

USBなんでもチャージャー2 「USBなんでもチャージャー2」は端子の接触位置を調節して、直接バッテリを充電できる。ちなみに、壊れたNexus Oneのバッテリ以外はちゃんと充電できた

 バッテリの故障の可能性が高いということは分かったのだが、Nexus Oneの販売サイトでは予備バッテリの販売は行なっておらず、その時点でバッテリを販売しているショップはない。

 Nexus Oneは台湾のHTCが製造しており、日本法人もある。筆者はこれでもケータイライターのはしくれ。HTCジャパンの広報さんも知り合いである。「なんとかバッテリだけでも都合つきませんか」とメールしてみたところ、「日本未発売の製品はお手上げです」との返答……。まあ当然の話です。

予備バッテリ購入も充電できず!
これで本体の故障であることが確定

 そうこうしているうちに、1月下旬にアメリカでサードパーティー製の予備バッテリが発売されたとの情報をつかみすぐさまオーダーした。

バッテリを海外サイトから直接購入 “SEIDO”(http://www.seidioonline.com/)というオンラインショップで購入。海外発送も行なっており、5日ほどで手元に到着した

 サードパーティ製の予備バッテリが手元に届き、早速Nexus Oneに装着して電源を入れると、あらかじめバッテリに充電されていた分で無事に起動! そのまま電源ケーブルを挿して充電を試みると、充電ランプもついて“充電中”の表示も出た!!

 これでひと安心と思いきや……まったく充電残量が増えていかない!! というか、どんどん減っていくではないか!! 慌ててバッテリを取り外し、USBなんでもチャージャー2で充電してみると問題なく充電できる。どうやら、本体にも問題があるようだ。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART