このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

SIMフリー版iPhoneを香港まで買いに行った!

2008年12月05日 15時03分更新

文● 中山 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
海外でもiPhoneを使いまくりたい人は、SIMフリー版をゲットすべし!

世界で唯一「アップルストア」でiPhoneを販売


 「iPhone 3G」(以下iPhone)は、日本ではソフトバンクから販売されているように、どこの国でもキャリアが窓口となり、回線とセットで販売されているのが基本。ところが、世界中で唯一アップルストアが回線無しでiPhoneを単体販売しているところがある。それがケータイ天国「香港」だ。

 しかも香港のアップルストアサイトで販売されているiPhoneは、どこのキャリアのSIMカードでも挿して使用することができる「SIMフリー版」。SIMフリー版のiPhone自体は、同じく香港やシンガポール、イタリアなどでも販売されているが、購入するためにはキャリアとの回線契約が必要。外国人が購入するのは難しい。

  それが回線不要で購入でき、しかも8GBで5400香港ドル(約6万5000円)、16GBで6200香港ドル(約7万4000円)と、おりからの円高の影響もあり値打ち感もある。「これは買わなきゃソンでしょ!」ということで、香港へiPhone購入のため飛び立った。

香港のアップルストアサイトで販売されているiPhone 3G。Selectをクリックしてカートへ進むと購入手続きにはなるが……


直販とはいえハードルは高い


 と書いたものの、アップルストアサイトからの購入もいくつかのハードルがある。まず、香港にはアップルの直営店はないので、店頭で買うことはできず、アップルストアサイトからのネット通販のみとなる。ふらっとショップに入って購入することはできないのだ。また、配送先は香港のみとなっており、海外発送はできない。さらに、国際ブランドのクレジットカードでも、日本発行のものは使えない場合がある。

 つまり、香港在住の人のみが手軽に買え、外国人が購入するのはちょっと難しい。そのため、今回は香港在住の知人に代理購入を頼んで、これらのハードルをクリアーした。

ちなみに、ケータイショップがひしめくデパート「先達広場」(参照記事)では、新古品、中古品のiPhoneが店先に多く並んでいる。5000~1万円ほど割高にはなるが、こういったショップからがいちばん手軽に購入できる。

 ただし、SIMロックされた外国版を解除したものや、SIMカードにフィルムを貼ってSIMロックを解除したものも多くでまわっているので、SIMフリー版を狙っているなら必ず「香港版」と指定して購入しよう。

先達広場には多くの携帯ショップが並んでいるが、ほとんどの店でiPhoneを扱っている 割安の価格表示をしている場合は香港版ではない可能性が高いので注意
先達広場には多くの携帯ショップが並んでいるが、ほとんどの店でiPhoneを扱っている割安の価格表示をしている場合は香港版ではない可能性が高いので注意
香港もiPhoneブームはひと段落。現在はAndroid携帯の『G1』やソニーエリクソンの『XPERIA X1』が注目を集めていた
香港もiPhoneブームはひと段落したようだ。現在はAndroid携帯の『G1』やソニーエリクソンの『XPERIA X1』が注目を集めていた

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART