このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第8回

初音ミクから「たくろく!」へ 山口生まれのネット系シンガー

2009年11月28日 12時00分更新

文● 聞き手:広田稔、盛田諒/ASCII.jp編集部 構成:四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初音ミクはいい意味で「事故」

―― 普通のライブとボカロ系のライブで温度差はあったりしますか?

KNOTS (ボカロ系のライブは)お客さんの曲を知っている度合いが、めちゃくちゃ強いんです。だからスタート地点のアドバンテージが高い。僕の意識の中では、自分の歌の何曲かを初音ミクがニコニコ動画で歌っている、というつもりなんです。でも人から見たら「初音ミクで曲を作っている中の人の歌」かも知れない。



▲ニコニコ動画にはKNOTSさん本人が歌うアルバム収録曲「ガールミーツボーイ」のPVも投稿している。これまでにニコニコ動画でKNOTSさんが歌っている曲は「恋するロードランナー」(カバー曲)がある

―― 自分の歌を聴いて欲しいという思いがあるわけですね?

KNOTS 今回の初音ミク関連のことは、いい意味で「事故」みたいなものです。それをきっかけに色んな人と再会できたり、沢山の人と知り合えたり、そういう文化があるってことを知り得ました。僕は距離を置いて見るほうなので、ボーカロイドに寄り添いすぎてる楽曲が多いなと思っている人が、こういう距離を置いた人のボーカロイド曲なら聴ける、と思ってもらっても嬉しいし。


―― ここ1~2年くらいニコニコ動画やpixivに投稿されてきて、何か意識が変わったことはありますか?

KNOTS 「これ作ったら受けるだろう」という考え方はしない方なので、出来てしまったら仕方ない。少ししこりが残るようなものでも、きっと誰かが幸せな動画を作るだろう、みたいな。

―― そこは他人に任せると。作品を作るにあたって意識しているところは?

KNOTS まだ誰も踏んでないようなところ。隙間があれば、そこにスポっと。

―― 隙間って言うと、どこら辺なんですか?

KNOTS 結果論なんですが、「アイシンクアンシン」が沢山の人に聴かれたのは、生ドラムみたいな音にアコースティックギターがガチャガチャ鳴って、初音ミクがポヨポヨ歌うという曲が、意外と少なかったんですね。打ち込み系の音が飽和していたところにポッと出てきたということです。



pixivに投稿された4コママンガ「たくろく!」第2話より

―― pixivの「たくろく!」も隙間を狙ってるんですか?

KNOTS あれは本当に思いつきだったんです。「けいおん!」があるなら「たくろく!」があってもいいんじゃないかなと、軽い気持ちで(笑)。二次創作は他の人が描いてるし、どうせなら女の子が音楽するオリジナルな話を描こうと。「4つ打ちリズムと初音さん」の前半で、機材の話をダラダラやったりするのを描くのが楽しかったので、それをもう一度やってみたかったんです。

 「けいおん!」をちょっと観たんですが、思ったほど音楽しないし、お菓子ばっか食べてたのと、あと色恋の匂いがほとんどしなかったので(笑)。機材の話をしたり、苦めの色恋の背景もうっすら感じるマンガを描こうかと思ったんですね。自宅録音してる方には「わかるなー」って喜んでもらえましたし、したことのない方は「自宅録音したくなった」って言ってもらえました。それはすごく嬉しかったですね。

この特集の記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン