このページの本文へ

HYBRID W-ZERO3、1月に発売

2009年11月11日 15時12分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 W-SIMを利用したPHS回線に加え、高速な3.5G通信にも対応したスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」(WS027SH)が来年1月に登場する。Windows Mobile 6.5 Professionalに対応し、W-ZERO3のブランド名が復活している点も注目だ。

HYBRID W-ZERO3 WS027SH

HYBRID W-ZERO3の活用記事:
 ・HYBRID W-ZERO3のブラウザーを変えてみる
 ・HYBRID W-ZERO3を買ったら最初にすること
 ・QWERTYレスでも大丈夫? 「ケータイShoin」のツボ
 ・HYBRID W-ZERO3、ハイブリッドの本当の意味
 ・HYBRID W-ZERO3が、超・スマートフォンである理由(PC接続編)
 ・「HYBRID W-ZERO3」は来年1月28日に発売~実質3万円台中盤
 ・発売直前! HYBRID W-ZERO3のおいしいところを知る
 ・HYBRID W-ZERO3をちょっとだけ触った

 ボディーは3.5型フルワイドVGA(480×854ドット)の液晶ディスプレーの下にテンキーが隠れるスライド式。液晶は視認性にもこだわったモバイルASVタイプだ。タッチ入力に対応するほか、ジョグ機能内蔵カーソルキー「Xcrawl」(エクスクロール)を搭載。円を描くようになぞったり、上下左右を押す操作で画面をスクロールしたり、カーソル移動ができる。

 アプリケーションごとに異なる色で光るカーソルキー周辺部や、カスタマイズ性を備えたGUIも搭載。Flash Lite 3.2にも対応し、解像度の高い画面でネット動画も楽しめる。Windows Live専用キーを備えている点も特徴。マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Marketplace」「My Phone」との連携も考慮されている。

 本体にはW-SIM(W-OAM typeG)、下り最大7.2Mbps/上り最大5.7MbpsW-CDMA(HSUPA)に加え、無線LAN(IEEE 802.11b/g)やBluetooth 2.0通信機能も内蔵。サードパーティオプションとして提供予定のW-SIM型GSMモジュール(CM-G100)を利用することで、GSM圏での利用も可能になるという。

 さらに、料金コースの変更なども検討中だという。

 本体には500万画素のデジタルカメラを内蔵。手ぶれ補正やAF、笑顔撮影機能、PDF変換機能なども利用できる。また、モーションセンサーやGPS機能も持つ。

 CPUはQualcommのMSM72000A、ARM11-528MHz。本体にはmicroSDカードスロットを1基備える。本体サイズは幅約53mm×高さ120mm×厚さ16.9mm(最薄部)で、重量は約158g。発売時期の詳細や価格に関しては未定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART