このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

DIY PC Expo 2009

自作PCユーザーが集結! 本日「DIY PC Expo 2009」開催

2009年10月31日 23時55分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えしたとおり、本日10月31日(土)「ベルサール秋葉原」にて、パソコン自作・パソコンパーツのイベント「DIY PC Expo 2009」が開催された。

本日10月31日(土)「ベルサール秋葉原」にて、パソコン自作・パソコンパーツのイベント「DIY PC Expo 2009」が開催。多くの自作ユーザーが訪れ会場は大賑わい

 「DIY PC Expo 2009」は、「自作パソコンが楽しい!」をテーマに主催DIY PC Expo実行委員会、後援株式会社アスクというパソコン自作・パソコンパーツのためのイベント。
 同社が取り扱うメーカーを中心に新製品の展示やデモンストレーションが行なわれた。

各種セミナー

 「ベルサール秋葉原」地下のフロアでは自作パソコンの今後や最新技術などの紹介などを紹介する各種セミナーが行なわれた。

NVIDIAの福田登氏によるNVIDIAソリューション最新情報セミナーシネックスのDr-Tによる初心者でもわかる自作PC体験教室

兄貴のロードマップ解説

日本AMDの土居憲太郎氏によるロードマップ解説。来年には45nmプロセスのデスクトップ向け6コアCPU「Thuban」が登場する予定など今後のロードマップを披露した

 地下のセミナー会場エリアの隣ではAMDの「Radeon HD 5870 Eyefinty6 Edition」を使用した6画面(7860×3200ドット)デモやNVIDIAの3D体験コーナーが設置され自由に体験できた。

「Radeon HD 5870 Eyefinty6 Edition」を使用した6画面デモNVIDIAの3D体験コーナー

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中