このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Windows 7が快適に動くPCを自作しよう ― 第1回

最高のゲームPCをWindows 7で作りたい!

2009年10月14日 12時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
いよいよ10月22日に発売となる「Windows 7」

 「Windows Vista」の後継となる最新OS「Windows 7」の発売がいよいよ目前に迫ってきた。Windows 7の新機能や改良点については、ASCII.jpでも何度か特集として紹介しているので(関連記事1関連記事2)、そちらを参考にしていただきたいが、Windows 7は、Windows Vistaをベースに入念なブラッシュアップと機能強化が行なわれたOSであり、より便利で快適なOSに進化している。また、9月には、開発コードネーム「Lynnfield」ことIntelの最新CPU「Core i7/i5」が登場、AMDの「Phenom II」も価格がこなれてくるなど、Windows 7のためにPCを1台組むには、まさに絶好のタイミングだ。
 Windows Vista搭載PCを使っていて、レスポンスに不満がある人はもちろん、まだWindows XPを使い続けているという人も、この機会にWindows 7搭載PCを自作してみるのはいかがだろうか。そこで本特集では、Windows 7の発売を機に新たにPCを組んでみようという人をターゲットに、用途別の最適なパーツの選び方や、オススメパーツ構成を紹介していきたい。

最新3Dゲームをプレイするのに必要なスペックは?

 第1回目のテーマは、ヘビーゲーマーのためのPC(ゲーミングPC)だ。ゲームを主な用途とするゲーミングPCには、最新3Dゲームを高解像度で快適にプレイできるだけのパフォーマンスが求められる。3Dゲームは、オフィスアプリケーションなどに比べて、CPUやGPUに対する負荷が高い。また、最新のDirectXに対応していることも重要だ。ゲーミングPCは、個人向けPCの中でもハイスペックなPCであり、ゲーム以外の用途も快適にこなせる。その分、価格は高くなってしまうが、パフォーマンスが高いので長い間現役として使える。
 まず、CPUについてだが、以前はゲームソフトの多くがマルチスレッド化されておらず、シングルスレッド性能によって、パフォーマンスが左右されるため、コア数よりも動作クロックを重視(例えば、クロックの低いクアッドコアよりも、クロックの高いデュアルコアを選ぶ)すべきだといわれていた。しかし、最近はゲームソフトのマルチスレッド対応も進んでおり、CPUも、IntelのCore i7のようにクアッドコア(実際はHyper-Threadingテクノロジーにより8コア相当)が主流となっているので、基本的にはCore i7やPhenom II X4などのクアッドコアを選んでおけばよいだろう。

8コアによる並列処理をサポートしているゲーム「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」

 Intelの場合、プラットフォーム(CPUソケット)が、LGA1366のCore i7-9xx、LGA1156のCore i7-8xx/Core i5、LGA775のCore 2シリーズの3種類ある。このうち最もハイエンドなのはLGA1366だが、今後のメインストリームになるのはLGA1156であり、コストパフォーマンスや将来のアップグレードを考えると、LGA1156のCore i7-8xxがオススメだ。Core i7-8xxはクアッドコアだが、Hyper-Threadingテクノロジーにより、OSからは8コアとして認識される。また、消費電力や温度に余裕がある場合、自動的に動作クロックを向上させるTurbo Boostも搭載しており、非常に高い性能を実現する。

Core i7のCPUメーター。物理的なCPUコアは4つだが、HTによって8コアに見えている

 AMDの場合は、プラットフォームはSocket AM3とSocket AM2+の2種類があるが、こちらも今後の主流はSocket AM3なので、Socket AM3のPhenom II X4の上位製品を選んでおけばよいだろう。
 マザーボードは、PCI Express x16スロットを複数備えた製品を選ぼう。将来、ビデオカードの性能が不足するようになったら、ビデオカードを複数枚装着して、マルチGPU構成にできるからだ。また、チップセット内蔵グラフィックス機能では、最新3Dゲームをプレイするには力不足なので、内蔵グラフィックス機能は不要だ。

PCI Express x16スロットを複数備えた製品がベスト。ゲームPCに内蔵グラフィックス機能は不要だ

 ビデオカードについては、DirectX 10に対応したハイエンドGPUを搭載したものを選べばよい。NVIDIAの製品なら、GeForce GTX 295/285/275あたり、AMDの製品なら、最新のRadeon HD 5870/5850がオススメだ。これらのGPUを搭載したビデオカードなら、年末や来年登場するゲームソフトも、高解像度でサクサクと遊べるはずだ。

「GeForce GTX 295」リファレンスカード「ATI Radeon HD 5870」リファレンスカード

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

【ニコ生】ほんとにあった真夏の心霊トーーーク

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中