このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

知れば納得! セキュリティーソフト最新事情 ― 第1回

世界最速の「安心」が強み、ノートン最新版の戦略を聞く

2009年10月07日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シマンテックといえば「しょこたん」こと中川翔子さん。9月の発表会でも顔を見せ、「ノートン先生にはかなりお世話になっている」と話した。写真は新しいテレビCMからの1コマ

 セキュリティ対策ソフトの定番中の定番と言えば「ノートン先生」の名で親しまれている「ノートン インターネットセキュリティ」。最新版となる「ノートン インターネットセキュリティ2010」はウイルスなどの検知率の高さとシステムに影響しにくい軽さが大きな特徴という。

 そんなノートン インターネットセキュリティについて、シマンテック コンシューマ事業部門 リージョナルプロダクトマーケティングシニアマネージャーの風間彩さんにお話を伺った。

3種のノートン、メインストリームは?

―― ノートンシリーズの特徴やターゲットについて教えてください。

シマンテック コンシューマ事業部門 リージョナルプロダクトマーケティングシニアマネージャーの風間彩さん

風間彩(以下風間) ターゲットという意味ではセキュリティーが必要なコンシューマー全員を対象としています。ハイクラスな方や初心者など様々な方がいらっしゃいますが、上級者の方でも初心者の方でも被害に遭われることはあります。クレジットカード被害などがそうですね。

―― 「ノートン 360」と「ノートン インターネットセキュリティ」、そして「ノートン アンチウイルス」のすみ分けをお伺いしたいのですが。

風間 アンチウイルスは単体版のみを求めている方。インターネットセキュリティに関しては標準版という位置づけです。インターネットをするならこの製品ということで、フィッシング詐欺の対策機能なども入っています。360は統合版です。ウイルス対策からパソコンのチューンナップ、データのバックアップまですべてを扱うものとなっています。

左からノートン 360、ノートン インターネットセキュリティ2010、ノートン アンチウイルス2010の順。ユーザーの志向によってシリーズを分けている

―― セキュリティー対策製品として一番推しているのはどれなんでしょう。

風間 360ですね。システムのバックアップと復元まで含めた、総合的なセキュリティ対策ソフトとして薦めさせていただいています。しかし、自分でファイヤーウォールを設定したりするという方も少なくないので、そういう方に向けてインターネットセキュリティ、アンチウイルスを用意しています。

―― 360だけ発売のタイムラグあるのはなぜでしょうか?

風間 春には360が、秋には(インターネットセキュリティとアンチウイルスの)2製品があるというように、タイミングを分けることでお客様にも注目していただくということを意識しています。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン