このページの本文へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第90回

iPhoneと過ごしたNYとメキシコの旅でわかったこと

2009年09月30日 12時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まず出国する時に必ず確認しておくべき事

 ソフトバンクモバイルの端末を海外に持ち出した際には、10KBまでのミニマムチャージが毎回のパケット通信の度に100円かかり、10KB以降は1KBあたり5円が課金されていく。(参考ページ

 iPhoneを国内と同じように使っていると、3G通信は使わないように意識していても、ふとした瞬間に通信してしまっているかもしれない。このために必ず設定しておくべきは「設定」→「一般」→「ネットワーク」の中にある「データローミング」をOFFにすること。

海外での設定1 海外での設定2
フライトモードで飛行機に乗り込み、飛行機の中でiPhoneのデータ通信に関するセッティングを行なう。データローミング、プッシュ(メール・連絡先・スケジュール)、プッシュ通知(アプリ)などをOFFにしよう

 これで、通話機能とSMS受信(無料)以外の海外パケット通信が使われなくなるので、予期せぬ課金を回避できる。行く先にもよるが、3G(W-CDMA)のエリアがまだ限定的なアメリカとメキシコであれば「3Gを有効にする」もOFFにしておいて良いかもしれない。電池の保ちが驚くほど良くなる。

 ただ実際に渡航してみると、これだけでは準備不足ということがわかった。

普段便利なプッシュを忘れていた

 基本的に海外でパケット通信は使わないことにしても、ときどきはデータ通信を使いたい瞬間がある。ニューヨークの空港やホテルでは24時間5~10ドル程度で無線LANサービスが提供されているので、それを活用するといい。とはいえ街中でTwitterに投稿したり、BrightKiteで地点データをプロットしたり、せっかく普段行かないところにいるからこそ試してみたくなる瞬間がある。そういう時にはその都度データローミングをONにして、必要な通信だけしていた。

海外での設定3 海外での設定4
海外で電波を拾うと、ソフトバンクから海外利用に関するSMSが届くアメリカの主要空港では日本と同様に有料の無線LANサービスが利用できる

 ところがONにしたところ、メールの着信音、MMSの着信音が一斉に鳴りだしたのだ。

 普段MobileMeやGmailをプッシュで受信しているために、端末がネットワークにつながった瞬間に、蓄積されたメールをどんどん受信しだしたのだ。これは大失敗だった。もしプッシュ受信を普段していない人も、メールアプリを開けば当然送受信をしようとするので、データローミングのときにメールアプリを起動しない方がいい。

 これへの対処は「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」を開いて「プッシュ」をOFFにする。そして「フェッチ」も手動に変える。これで不用意にプッシュメールの送受信をしなくて済む。帰国した後に再設定することも忘れずに。

 プッシュメールを勝手に受信する問題はこれで回避できたが、頭を悩ましたのがSMS/MMSだ。テキストだけのSMSは海外でも受信無料だが、いわゆるケータイメールであるMMSはやっかいだった。

海外での設定5 海外での設定6
MMSメッセージングをOFFにしておくべきだった。そうすれば写真数枚、ビデオ2本を含むメールを海外で受信しなくてすんだのにタイムゾーンの変更も忘れずに。「設定」→「一般」→「日付と時刻」から変更できる

 MMSがサーバに届くと「MMSが届いているがデータローミングがOFFなので受信できない」という旨のメッセージがポップアップし、設定画面からデータローミングの設定を開くボタンが出てくる。このアラートをとりあえず閉じてしまうと、次にデータローミングを一瞬ONにした時に勝手にMMSを受信し始めてしまう。

 テキストだけのメッセージならせいぜい100円(10KB以内のミニマムチャージ)で済むが、写真やビデオが送られてきていたら話は別だ。デコメールの素材もいくつも重なると10KBは簡単に超えてくる。このメール受信を止める方法は、「設定」→「SMS/MMS」→「MMSメッセージング」をOFFにすること。もっともこの方法は、渡航中は気づかなかったのだけれども……。

 そしてもう1つある。アプリのプッシュ通知だ。これも、「設定」→「通知」から、さらにその下にある「通知」をOFFにすれば、アプリからのプッシュ通知をキャンセルできる。

 このあたりまで設定すれば、iPhoneを触っていなくても勝手に課金されていた、ということを防げるだろう。あとは、友人から相談の長電話がかかってこないことを祈ろう(海外では着信時にも料金がかかる)。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART