このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第85回

ドコモ「L-05A」によるデータ通信は生活の何を変える?

2009年08月18日 12時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今週の1枚
【今週の1枚】切り株に腰掛けて開いたMacBook AirはL-05Aによってネットに接続している。都内と同じようにウェブサービスにアクセスできる体験は、かなりインパクトが大きいものだった

ウェブサービスとモバイルデータ通信の組み合わせに
何か大きなことが起きる予感を感じた

L-05A
ドコモ「L-05A」

 今回はケータイやサービスではなく、NTTドコモのデータ通信アダプタ「L-05A」を採り上げる。ネットブックが非常に好調だが、ネットブックがその存在感を見せるためにはインターネットに繋がり、そしてウェブサービスにアクセスできなければならない。そのインターフェイスを担う存在がデータ通信用のアダプタだ。

 下りが7.2Mbps、上りが5.7MbpsというHSUPAに対応する通信アダプタ「L-05A」を生活に取り入れたとき、何が起こるのだろうか。

 L-05Aを導入したきっかけは2009年3月。ポッドキャストでご一緒している林 信行さん(nobiさん)と、名古屋・大阪のアップルストアツアーを敢行した。乗車した新幹線は無線LAN対応ではなかったため、nobiさんのMacに接続している「L-02A」でネットに接続。ウェブを介したサンフランシスコからのUstream(ウェブカムを使ったネットライブ中継)を見ていた。

 東京から名古屋へ高速で移動している電車内で、サンフランシスコからの生中継映像を、トンネルの中でも途切れることなく見続けている自分がいるのだ。何が起きているのかと混乱もした。ウェブサービスとモバイルブロードバンド環境を組み合わせると「何かとんでもない事が起きる」と感じた瞬間でもある。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART