このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

「勢いだけで作った」チップチューンなiPhoneアプリ

2009年08月30日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

80年代が生んだピコピコカルチャーを
ゼロ年代の申し子、iPhone上で再現する

 パソコンやゲームマシンのCPUが、まだ8bitだった80年代。音源チップも、やっぱりそれなりの性能だった。音はチープだし、同時発音数も足りず、満足に和音も出なければビートも刻めない。そこを工夫でどうにか乗り切りっていたのが、80年代のゲーム音楽だった。

 制約へのチャレンジと、数々のアイディアへの敬意。そしてゲームばかりやっていたボンクラ時代への郷愁などなど。「チップチューン(chiptune)」と呼ばれる音楽は、そうした様々な要素から混成された、80年代以降に生まれた文化のひとつ。

NESynth

 しかしチップチューンも極めるとなると、なかなか大変だ。当時の実機を調達したり、音源チップを使ったりと、マニアックな世界に足を踏み込まなければならない。

 それをiPhone/iPod touchで手軽に楽しめるようにしたアプリが「NESynth」(iTunes Storeで見る)なのだ。開発は筑波にある学生ベンチャー企業、株式会社ニューフォレスター。

 YouTubeに上がっているデモ演奏は、なんとDenkitribe氏が担当。最初の起動音だけで泣ける人は泣けるかも。

NESynthのオープニング画面。楽器ソフトなのに何故かゲーム風のデザインで、しかもテーマ音楽まで流れる「NESynth」 「上級者」向けに往年のゲーム機を髣髴とさせるコントローラーモードも搭載

 今回はアプリの開発を担当したニューフォレスターの星野厚社長、音源を開発したRuchiさん、そしてDenkitribeさんをお招きしてお話を伺った。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART