このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第2回

~師範! Ubuntuって何ですか?【後編】~

2009年07月16日 16時30分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
清く正しい(?)チームリーダー 小林準
日本語入力とラノベは俺に任せろ あわしろいくや
サーバーと交渉ごとに暗躍する hito
Ubuntuもいいけど、でびあんもね! やまねひでき
GUIなんて飾りと言い切るEmacsist ミズノ(水野源)
マンガ『うぶんちゅ!』作者&挿絵担当 瀬尾浩史

――6月某日、
Ubuntu Japanese Teamのメンバー(+α)を集めた電子会議にて。みんな一休みしたあとで。

小林:ということで、後編に逝く前にお知らせがあります。

ミズノ:小林さん、なんかまた漢字変換が……っ。

あわしろいくや:小林さん、Anthyにどんな学習させてるんですか……。

ミズノ:代わりまして、イベント統括の私めが詳細を。『Ubuntu オフラインミーティング9.08』が8月1日土曜日、秋葉原で開催されます。Ubuntuユーザーはもちろん、ちょっと興味があるだけ、という人も気軽に参加いただけるイベントです。

小林:Ubuntu Japanese Teamのメンバーによるセミナーのほか、Ubuntuのインストールをサポートするインストールパーティも同時に行ないます。

hito:秋葉原というお土地柄、交換したいパーツや自作用のキットなども気軽に買いに行けてしまうのも、利点のひとつですね。

ミズノ:詳細は、Ubuntu Japanese TeamのWikiでご確認ください。

やまね:当日、この対談の似顔絵と実物を比較することも可能ですね……ということで、今回も自己紹介から行きましょうか(フォロー)。

小林:4年あまり前に Ubuntu Japanese Team を立ち上げた小林です。残りは編集後に足す。

やまね:前編からまるで成長していない……。

小林:まぁ変える必要もないかな、と思いまして。

瀬尾浩史:やっぱり加筆忘れるとそのまま掲載されるんですか?

hito:ええ、掲載され「て」ます。

瀬尾浩史:あ、あとから修正は?

やまね:よりヒドい方向に修正されるかと。ここはサバンナなので。

瀬尾浩史:……ぺ、ペンギンにはサバイバルすぎますぅっ(涙)。

編集S:あきらめてください。はい、自己紹介。

瀬尾浩史:あ、イラスト担当の瀬尾浩史でーす。なぜか対談にも参加してまーす。

ミズノ:アルコールとイベントと宴会を担当しています。歌丸です。

あわしろいくや:笑点ネタはもういいです……。

ミズノ:ぬぬー。(←何か考え始める)

あわしろいくや:日本語入力周りをごちゃごちゃやってる、あわしろいくやです。趣味のひとつは「ライトノベルを読むこと」で、電撃文庫も買いまくりです。

編集S:毎日、お買い上げ報告をつぶやいていただき、ありがとうございます。この調子で毎月10電撃、お願いしますね。

あわしろいくや:月10冊も新刊出てませんよ?

編集S:いえ、新刊を3冊ずつお買い上げ頂くだけで構いませんので。

小林:保存用・布教用・観賞用というやつですか……。さすがいくやさん。

あわしろいくや:買いませんよ! ていうかどんな理解ですか!

ミズノ:……そうだ!(←何かを思いついた表情)

やまね:(スルーしながら)えーと、Debianの中の人もやってるやまねです。

hito:jp.archive.ubuntu.comの中の人とかをやってるhitoです。

ミズノ:(満面の笑顔で)三波○夫でございます。

全員:…………………………。

瀬尾浩史:……ぺ、ペンギンにはこの空気はツラいのですっ。

ミズノ:……(地獄のような沈黙に耐えかねて)い、いやほら、三人目だし。定番のボケですよ!

やまね:……何か考えてるなー、と思って油断したら、思い切りベタネタかい!

編集S:……ハリセン持ってこーい!! ……あ、ツッコミ役の担当編集Sでーす。

やまね:二回目にして先行きが不安だ……。

先進的な機能を盛り込み、人気も急上昇のフリーなOS『Ubuntu』。Canonical社とユーザーが協力しつつ開発が進められているため、Ubuntuとは何かを知るためにはコミュニティとそのポリシーを知ることが必須。今回は開発の舞台裏(?)を覗いてみよう

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン