このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

全部知りたい! iPhone 3GS & iPhone OS 3.0 ― 第2回

これで万全! iPhone 3.0アップデート&MMS設定

2009年06月18日 14時00分更新

文● 高橋敦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 3Gを最新OSに更新しよう!

 日本時間18日午前2時過ぎ、アップルが告知していた通りにiPhone OS 3.0の提供が開始された(関連記事)。iPhone OSのアップデート自体は、iPhone 3G発売以来、これまでに何度か実施されたものと同じ手順だ。もう慣れているという方も多いだろう。

 しかし「iPhone for everybody」キャンペーン以降のユーザーなど、今回が「初体験」という方も少なくないはず。ここではアップデートの方法を復習しておこう。

 また今回のアップデートでは、対応を望んでいたユーザーも多いであろう「MMS」も利用可能になった。ただ、オリジナルのメールアドレスを使うにはちょっとした確認と設定が必要なので、その点も一緒に解説しておこう。


iPhone OS 3.0へのアップデート

 iPhoneのアップデートはiTunes経由で実行する。事前にiTunesを最新版(バージョン8.2以上)にアップデートしておくこと。その上で、iPhoneをPC/MacにDockケーブルで接続して、iTunesを起動しよう。あとは画面の「アップデートを確認」ボタンをクリックすれば、画面の指示に従っていくだけでOKだ。

 なお現状、サードパーティー製アプリの中にはiPhone OS 3.0に対応していないものもある。今後の対応が待たれるところだろう。


1.iPhoneをつないでiTunes上で選択

iPhoneを接続してiTunesを起動。画面左にあるソースリストの「デバイス」項目でiPhoneを選択して、「概要」タブの「アップデートを確認」ボタンをクリック

2.ダウンロードとインストールを実行

確認ダイアログが表示されるので「ダウンロードとインストール」ボタンをクリック
アップデート内容の確認が表示されるので「次へ」。続いて使用許諾条件が表示されるので内容を確認して「同意します」ボタンをクリック
するとOSのダウンロードが始まる。筆者の場合、ダウンロード完了まで30分以上かかったが、これは配布開始時でアクセスが集中した影響だろう

3.アップデート作業を待つ

ダウンロードが完了すると、続けてアップデート作業が開始される。筆者の場合、完了までには5分弱かかった
アップデート作業完了……だが、再起動に少し時間がかかるのでもう少しだけ待とう
アップデート完了! 「概要」タブのソフトウェアバージョンが3.0になっていればOKだ

4.iPhoneを起動

アップデートが終わったら、iTunesの画面左にあるiPhoneの取り出しを指示して、iPhoneを起動してみよう。ホーム画面では、旧「SMS」アプリが「SMS/MMS」アプリになっていたり、「ボイスメモ」アプリが加わっていたりする

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中