このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

全部知りたい! iPhone 3GS & iPhone OS 3.0 ― 第2回

これで万全! iPhone 3.0アップデート&MMS設定

2009年06月18日 14時00分更新

文● 高橋敦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MMSを好きなメアドに変更!

 iPhone 0S 3.0以前のiPhoneはMMSに対応していなかったので、当然これまでのiPhoneユーザーには「xxx@softbank.ne.jp」というMMSのメールアドレスは与えられていないかった。しかし今回、iPhoneのMMS対応に伴い、ソフトバンクモバイルからMMSのメールアドレスも付与されることとなる。

 MMSは、ソフトバンク端末同士では、特に設定せずに携帯電話の番号でやり取りできるが、他キャリアではアドレスが必要だ。初期状態では「(ランダム文字列)@softbank.ne.jp」というアドレスが割り当てられる。当然ではあるが「xxx@i.softbank.jp」のアドレスは引き継がれない。これを好きなアドレスに変更するには、「My Softbank」のサイトからの変更手続きが必要だ。

 検証時(18日未明時点)では、この手続きはパソコンからのアクセスでのみ可能だった。アップデート作業時には必然的にPC/Macを使っているので、そのままパソコンで作業を進める方が効率もいいだろう。ここでは「My SoftBank」におけるメール設定のパスワードを忘れた場合を想定して、話を進めている。


1.パスワードを再通知する

「My SoftBank」にログインして「メール設定」のリンクをクリックする
「ログインID」(=iPhoneの電話番号)と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリック。このパスワードはiPhone購入日に「94001」からSMSで通知されているらしいが、不明な場合は「パスワードを忘れた方はこちら」をクリック
パスワードが記憶にない方はここで「パスワード送信リクエスト」を押そう
さらに「お客様の電話番号」と「暗証番号」(=契約時に登録した数字4桁)を入力して「確認する」をクリック
するとiPhoneのSMS/MMSアプリにMMS設定のパスワードが届く

2.My SoftBankでMMSのアドレスを変更

届いたパスワードを先のログイン画面の「パスワード」欄に入力して「ログイン」をクリック
「メールアドレスの変更」欄の「変更する」ボタンをクリック
ここで「変更する」を選択して好きなアドレスを入力してページ下の「次へ」をクリック
確認画面に移るので、アドレスに間違いがないかチェックして「設定する」をクリック
iPhoneのSMS/MMSアプリに設定変更の確認メールが届く

3.iPhoneでアドレスを設定

iPhone側の「設定」→「SMS/MMS」にもMMSの設定がある。この「MMSメールアドレス」欄に先ほど設定したMMSのアドレスを入力する。これで新MMSアドレスは設定完了だ。きちんと送れるか、家族や友人にMMSメッセージを出してみよう

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中