このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone 3Gへのアプリ平均購入数は15本

新型「iPhone 3G S」の購入意向は25%

2009年06月26日 21時18分更新

文● アスキー総合研究所

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキー・メディアワークスは26日、「iPhoneの利用実態調査」の結果を発表した。調査はアスキー総合研究所が行ない、「iPhone 3G」の利用状況と評価、「iPhone 3G S」の購入についての調査結果をまとめたもの。調査は6月中旬、Webアンケートを使って行なわれ、回答サンプルは736だった。

電話よりもインターネットなどの 利用率が高い特異な利用形態

 「iPhone 3G」で最も使われているのは「Webブラウザ(Safari)」で約94%。次いでメールが約92%、インストールしたアプリが約90%、iPod機能が約90%と、携帯電話本来の機能である「電話」の約82%を上回った。

「iPhone 3G」で使用しているアプリケーション

ゲームのインストール率が高く90%
購入率も68%でトップ

 インストールしたソフトを全体で見た場合、「ゲーム」がトップとなり、インストールしているユーザーの割合が約90%、そのうち約68%が購入もしているという結果になった。ゲーム以外では「エンターテインメント」系が多く、ゲームも含めエンタメ関連が圧倒的に人気だと言える。

iPhone 3Gで入手し、購入しているアプリ

(次のページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中