このページの本文へ

全部知りたい! iPhone 3GS & iPhone OS 3.0 ― 第9回

ついにiPhone 3GS発売! 上戸彩もやってきた

2009年06月26日 13時28分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部、永水和久/MacPeople編集部、西川仁朗/電撃ドットコム

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソフトバンクモバイル表参道で1番乗りとなったのは、文京区から来たフジモトさん(中央)。「今の気分は?」という質問に対して、「日本で一番というのは初めてなので、言葉になりません」と答えていた

 26日、アップルの新型スマートフォン「iPhone 3GS」の発売がついに始まった!

 今年は18日からソフトバンクショップなど各店舗でiPhone 3GS購入の予約を受け付けており、これに申し込んでいれば安心して入手できた。昨年のように、あえて長蛇の列に並ぶことはないのだが、それでも新機種の発売という「節目」を楽しみたい熱心なファンは少なからずいたようだ。

 朝7時にいち早くiPhoneを発売する、ソフトバンクモバイルの旗艦店「ソフトバンクショップ表参道」では、前日の午後から予約者が集まり始めていた(関連記事)。その後、表参道店の近くで開かれた発売記念イベントに参加し、そのままスタッフの誘導で朝5時30分から店の前に行列を作った。

6時頃に行列を撮影したところ。囲みの位置にソフトバンクショップ表参道がある。最後尾でもなんとか見える感じだ
孫正義氏
孫正義氏

 発売直前になると、テレビや新聞社などの報道陣が多く集まり、表参道店の前がにぎやかになってくる。6時40分からはオープニングセレモニーが始まって、ソフトバンクモバイル社長の孫正義氏と、ソフトバンクモバイルのCMに出演する女優の上戸彩さんが登場。

 孫氏は、iPhone 3GSについて「何日か前から使っているがたまらない。世の中に新製品は常に出ているが、これだけ心がわくわくするものはない。予約をしたお客様が徹夜で並んでくれている。すごい情熱を感じます」とコメントしていた。

 すでにiPhone 3GSでビデオ撮影を楽しんだという孫氏は、率直な感想として「ビデオを撮る頻度はこれまでの10倍以上に増えると思う」と話している。具体的には、「撮ってすぐにメールで送れ、YouTubeにもアップできる。ビデオとネットが完全に連携するのがすごい。写真を見るのと同じ感覚でスムーズに扱え、指先ひとつですべてが完結し、まったくストレスを感じない」と絶賛していた。

上戸さんは「動画が撮れるのがすごい。画面が大きくてきれいなiPhoneで、ムービーがしっかり撮れるのはありがたい」と語っていた
上戸さんを撮影して、その場で見せるというデモもやっていた

 ちなみに気になる行列だが、ソフトバンクモバイルによれば、7時のオープン時点で200人以上の予約者が並んでいたという。前日の晩、「iPhone 3GS一色」に内装が変えられた表参道店では、レジ100台体勢でお客を迎えており、そう大きな混乱は見られなかった。

 筆者(広田)は160〜170番くらいの並び順だったが、7時50分には店内に入れた。手続きに30分以上かかったが、8時30分過ぎには新機種を手にしていた。予約制にしたうえ、店側の受け入れ態勢が整っていたせいかスムーズに入手できたという印象だ。


カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中