このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

カッコイイ新Netbookも登場! 東芝2009夏モデル発表

2009年04月20日 13時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
新しいNetbook「dynabook UX」が登場
新しいNetbook「dynabook UX」が登場

 (株)東芝は20日、ノートパソコンの2009年夏モデルを発表した。多くの機種が2009年春モデルからのマイナーチェンジだが、dynabookの名を冠した新Netbookの登場が目を引く。価格は全機種オープンプライス。


スタイリッシュな銀色ボディーのNetbook
dynabook UX

dynabook UX サテンブラウン dynabook UX スノーホワイト
dynabook UX。左が「サテンブラウン」、右は「スノーホワイト」
NB100
東芝初のNetbookだった「NB100」

 「dynabook」のブランド名が冠された初のNetbook「dynabook UX」シリーズは、2008年10月に初代機が発売されたNetbook「NB100」とは、まったく異なる新製品となっている。

 目を引く最大の違いはボディーのデザインだ。シルバーのボディーは曲面で縁取られ、安っぽさを感じさせない洗練されたものとなった。天板とディスプレー周囲は、シックな「サテンブラウン」と明るい「スノーホワイト」の2色のカラーバリエーションが用意されている。また、天板だけでなく裏面もすっきりとしており、モバイルユースの製品に相応しいデザインとなった。

サテンブラウンの天板 サテンブラウンの天板。シックで落ち着いた色合いで、本体のシルバーともマッチしている

 スペック面では、CPUのAtom N280(1.66GHz)にメモリー1GB、160GB HDDにWindows XP Home Edition搭載など、ごくオーソドックスなNetbookといったところ。

キーボード面 キーボード面はシルバー一色。キーはフラットで四角く、キーピッチ約19mmと隙間を大きくとった形状

 バッテリー駆動時間は付属の3セルタイプで約4時間、別売りの6セルタイプで約10時間(いずれもJEITA測定法1.0による)とされている。重さは約1.18kg(オプションバッテリー装着時は約1.33kg)。

 Office Personal 2007搭載の「UX/24JBR」(サテンブラウン)「UX/24JWH」(スノーホワイト)と、Officeなしの「UX/23JBR」「UX/23JWH」の2種類がラインナップされている。予想実売価格はUX/24が7万円前後、UX/23が6万円前後。発売時期は4月下旬の予定。

dynabook UX UX/23、UX/24
CPU Atom N280(1.66GHz)
メモリー 1GB
グラフィックス Intel 945GSE Expressチップセット内蔵
ディスプレー 10型ワイド 1024×600ドット
HDD 160GB
光学ドライブ 搭載せず
無線通信機能 IEEE 802.11b/g
サイズ 幅263×奥行き193×高さ25.4~32.4mm
質量 約1.13kg
バッテリー駆動時間 約4.0時間
OS Windows XP Home Edition SP3
予想実売価格 6万円前後(UX/23)、7万円前後(UX/24)

前へ 1 2 3 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー