このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、MP3/ATRAC3に対応したHDD内蔵ネットワークウォークマン『NW-HD3』などを発表――従来機向けMP3対応プログラムも用意

2004年11月30日 14時59分更新

文● 編集部 伊藤咲子

ソニーマーケティング(株)は30日、ポータブルオーディオプレーヤー“ネットワークウォークマン”シリーズの新製品として、HDD内蔵タイプの『NW-HD3』とフラッシュメモリー内蔵タイプの『NW-E99』を発表した。同シリーズの従来機種は、ATRAC3plus/ATRAC3形式の音楽ファイルのみ再生可能だった。MP3/WAV/WMA形式のファイルは、本体に転送する際に付属ソフトを使ってATRAC3plus/ATRAC3形式に変換することで再生できたが、新機種では、MP3形式のファイルをそのまま転送して再生できるようになった。

NW-HD3 NW-E99
NW-HD3(左上から時計回りに、ブルー、レッド、ブラック、シルバー)NW-E99


20GB HDD内蔵の『NW-HD3』

NW-HD3は、『NW-HD1』や『NW-HD2』の後継にあたるモデル。本体カラーは、シルバー/ブラック/ブルー/レッドの4つのバリエーションが用意される。

NW-HD3シルバー NW-HD3ブラック
NW-HD3(シルバー)NW-HD3(ブラック)
NW-HD3ブルー NW-HD3レッド
NW-HD3(ブルー)NW-HD3(レッド)

音楽ファイルの管理/再生を行なうソフト『SonicStage Ver.2.3』を同梱し、対応する音声圧縮形式はATRAC3plus/ATRAC3で、WAV/WMA形式(※1)のファイルはATRAC3plus/ATRAC3形式に変換してから、またMP3形式のファイルはそのまま本体に転送して再生できる(※2)。従来機(NW-HD1/NW-HD2)ではMP3ファイル1000曲を本体に転送する場合にATRAC3plus/ATRAC3形式への約10時間かかったのが、NW-HD3では変換の必要がないので30分程度に短縮されたという。

※1 著作権保護されたWMA形式のファイルは、ATRAC3plus/ATRAC3形式に変換/転送できない

※2 MP3ファイルは、著作権が保護されたOpenMG Audio形式のMP3ファイルとして転送されるので、本体経由で他のパソコンにはコピーできない

20GB HDDには、ATRAC3plus(48kbps)の場合で約1万3000曲、MP3(128kbps)の場合で約5000曲記録可能(1曲4分で計算、同社測定値)。SonicStage Ver.2.3のそれ以外の特徴として、ポータブル音楽プレーヤーへの転送回数が無制限になったほか、音楽CD(音楽CD/ATRAC CD)作成機能、音楽配信サービスから購入した曲の曲情報の編集機能などが新たに搭載された(※3)。

※3 SonicStageの旧バージョンの利用者には、18日より無償のアップデートプログラムを提供している

1.5インチの液晶ディスプレーのバックライトは、本体カラーがシルバーのモデルのみ白で、他の3モデルは青。従来機種同様、低消費電力回路を採用するカスタムLSIを内蔵し、最長約30時間の連続再生が可能(ATRAC3plus/48kbpsの場合、同社測定値)。また、本体落下を検知するとHDDから記録ヘッドを退避させる重力加速度センサー“Gセンサー”、“耐衝撃ダンパー”なども引き続き搭載する。

本体のインターフェースは、ヘッドホン/リモコン端子と、付属の“変換アダプター”接続用端子。変換アダプターは、USBケーブル接続端子とDC入力端子用のインターフェースを備えている。電源はリチウムイオンバッテリー(取り出し不可)で、ACアダプター(付属)を使用すれば約3時間(約1時間で80%充電)、USBケーブルを使用すれば約5時間でフル充電が可能(USBバスパワーでの充電には非対応)。また変換アダプターを経由してパソコンとUSB接続すれば、パソコンの外部ストレージとしても使用可能。

本体のサイズ幅90.8×奥行き15.7×高さ63.4mmで、重さは約130g(バッテリー含む)。付属ソフトの対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE、Media Center Edition 2004/2005。発売は12月10日で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格は4万2000円前後で、NW-HD2と同じくUSBクレードルやリモコンを同梱しないので、NW-HD1と実売価格を比べると1万円程度安くなると思われる。アクセサリーとして、本体カラーにあわせた4色のネックストラップ型ヘッドホン『MDR-NX1』(希望小売価格5565円)を同時に発売する。

同社のECサイト“ソニースタイル”では本日、NW-HD3の先行予約販売を開始した。価格は4万2000円。ソニースタイル限定のアクセサリーとして、オリジナルのケース(ブラック/パンサー、5500円)、車載キット(7140円)、カラビナ(2625円)も販売する。



従来機向けのバージョンアッププログラムも用意

なお同社は、従来機(NW-HD1/NW-HD2)向けに、SonicStage Ver.2.3との組み合わせによってMP3ファイルの転送/再生するためのバージョンアップサービスを用意する。受付期間は本日から2005年5月31日まで。バージョンアップを受けるには製品を一度サービスセンターに送付する必要があり、費用は2000円。詳細は、製品のサポートページに掲載される。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART