このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ASUSTeKから“E7525”搭載デュアルXeonマザーが登場!

2004年08月11日 22時53分更新

文● 水野

 ASUSTeKから、デュアルXeonマザー「NCT-D」が登場した。ASUSTeKのXeonマザーといえば、本来はXeon対応がうたわれていない“i875P”チップセットを使用した「PCH-DL」「NCCH-DL」の系列がお馴染みだが、今回の「NCT-D」が搭載するのは“E7525”。同チップセットを搭載したASUSTeK製品はこれが初となる。

「NCT-D」 “E7525”
ASUSTeK製デュアルXeonマザー「NCT-D」チップセット“E7525”

 もちろん、FSB800MHzの“Nocona”コア対応。拡張スロットはPCI Express×16×1、PCI Express×8×1、64bit PCI-X×2、32bit PCI×1となっており、PCI Express×4スロットは搭載していない。DIMMスロットは4本でECCレジスタードタイプのDDRII 400までの対応、最大メモリ容量は8GB。Broadcom製チップ“BCM5751”によるギガビットイーサネットがオンボード。Serial ATAはSouth Bridge“6300ESB”による2ポートのみ。同社独自の無線LANカードスロット「ASUS Wi-Fi wireless connector」も搭載する。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで6万7800円となっている。

PCI Express×4なし “6300ESB”
PCI Express×4スロットは搭載していない。スロット群の下に見えるのが「ASUS Wi-Fi wireless connector」Serial ATAはSouth Bridge“6300ESB”による2ポートのみ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ