このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

V9520 Home Theater

V9520 Home Theater

2003年12月25日 06時14分更新

文● 鈴木 雅暢

V9520 Home Theater

ASUSTeK

1万7000円程度(実売価格)

V9520 Home Theater
写真1 超小型TVチューナユニットとPhillips製NTSCデコーダ「SAA7173HL」を搭載したGeForceFX 5200ビデオカード「V9520 Home Theater」。実売価格は1万7000円程度。

 ASUSTeKからTV視聴/録画機能をもったGeForceFX 5200カード「V9520 Home Theater」が発売された。GeForceFXシリーズを搭載したビデオカードでTVチューナを搭載するのはこの製品がはじめてだ。

外付けのブレークアウトボックスなど
写真2 「V9520 Home Theater」には、オーディオ/ビデオの入出力端子を提供する外付けのブレークアウトボックス、リモコン、リモコン受光部(USB接続)が標準で付属する。

 基板の外観は一般的なGeForceFX5200搭載カードとあまり変わりなく、超小型のTVチューナユニット(実測で約27mm×約32mm)とPhillipsのNTSCデコーダ「SAA7173HL」を搭載しただけのシンプルな構成だ。ハードウェアエンコーダをもたないため、キャプチャ時やタイムシフト時などのエンコードはソフトウェアで行う。画質改善機能をもつチップなども実装していない。TVの視聴/録画ソフトは「InterVideo Home Theater」が付属し、これはDVD、音楽CDの再生など、マルチメディアコンテンツのコントロールを一括して行える多機能なもの。さらに、オーディオ/ビデオの入出力端子を提供する外付けのブレークアウトボックス(ASUS AVアダプタ)のほか、リモコンとリモコン受光部(USB接続)も標準装備する。上記のHome Theaterソフトのほか、5タイトルのゲームやASUS独自ユーティリティなど、バンドルソフトも豊富にとりそろえている。



カードのブラケット
写真3 カードのブラケットには、左からTVアンテナ入力、AVアダプタ接続ポート、アナログRGBコネクタが配置されている。

 Home Theaterのレスポンスは速いとはいえないし、リモコンもボタンがゴムのため使い勝手はいまひとつ。機能的にもTVの視聴/録画をメインで行うには足りないが、実売価格は1万7000円前後とお手頃になっている。GeForceFX 5200搭載で3Dゲームもそこそこ快適にプレイできるし、「少し古めのPCのマルチメディア機能を強化して遊んでみたい」といった用途ならかなり楽しめるのではないだろうか。

V9520 Home Theaterの主なスペック
製品名 V9520 Home Theater
ビデオチップ GeForce FX5200
メモリ 128MB
NTSCデコーダ Phillips SAA7173HL
コネクタ アナログRGB出力、AVアダプタ、TVアンテナ入力
AVアダプタ:入力 S-VIDEO、RCAコンポジット、RCAステレオピン
AVアダプタ:出力 S-VIDEO、RCAコンポジット、RCAステレオピン
付属品 AVアダプタ、リモコン、リモコン受光部、ソフトウェアCD-ROMなど
付属ソフト InterVideo HomeTheater、PowerDirectorPro 12.5ME、VideoSecurity、GameFace、ゲームソフト(Mrrowind、BlackThornほか5タイトル)など

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中