このページの本文へ

今週末「Barracuda ATA V」Serial ATA版が発売!

2003年02月06日 23時03分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前より情報が先行し、出荷開始、日本にももう入る、いやまだ入らない……と憶測が乱れ飛んでいた、「Barracuda ATA V」Serial ATA版。今週末、それがついに発売されることとなった。

 明後日8日(土)から120GBモデルの店頭販売を予定しているのはフェイス。型番は“ST3120023AS”で、Ultra ATAモデルと同様の型番の末尾にSerial ATA版を表すと見られる“S”を加えただけというもの。Seagateのウェブサイトによれば、平均シーク速度は9ms、バッファ容量8MB。120GBモデルのほか80GBモデルも予定されているようだ。予価は2万4700円で、先行して登場しているMaxtor「DiamondMax Plus 9“6Y120M0”」の単品販売とほぼ同程度となっている。なお、早ければ明日7日(金)の夕方から販売を開始するショップが出る可能性があるという。

【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ